想い出の小箱Ⅱ : 徒然草子

日常生活の中で感じたことを、徒然なるままに記述する。
OCNブログ人「想い出の小箱:レコード・コレクションからの続き。

禍根を残す「共謀罪法」の成立

2017-06-15 11:29:26 | 政治

充分な議論を尽くさないまま、強行採決で、「共謀罪法」を成立させた。
会期延長をして、もっと議論を尽くすべきだが、延長すると、加計学園問題を更に追及されるので、それから逃れるために、異例の手法で強行採決をしたということである。
安倍は、「適切に、効果的に運用する。」と言うが、信用出来ない。
森友や加計学園問題に対する対応のように、政府の体質が、自分の都合の良いように運用することが明らかであるからである。
不思議なのは、世論調査の数字である。
これだけの問題がありながら、支持率があまり下がらないのは、不自然である。
しばらく国政選挙がないので、国民は意思を示す機会がない。
先ずは、東京都民に都議会選挙でかんばってもらうしかないが、デモや世論調査で反対、不支持の大きな声を挙げる必要があるだろう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« サッカー ワールド・カップ... | トップ | 官房長官は辞任に値する »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

政治」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。