想い出の小箱Ⅱ : 徒然草子

日常生活の中で感じたことを、徒然なるままに記述する。
OCNブログ人「想い出の小箱:レコード・コレクションからの続き。

西日本の大雪

2017-01-25 12:11:59 | 日記

西日本、特に山陰地方の大雪が深刻なようだ。
思い出すのは、昭和38年の「さんぱち豪雪」である。
3月にゼミの仲間と北陸へ出かけたが、民家は、まだ屋根まで雪に埋まり、2階から出入りしているとのことだった。
国内で経験した中で一番寒かったのは、出張で行った旭川のマイナス23度Cであるが、午後10時過ぎに駅に着き、宿まで5分ばかり歩き、宿で聞かされ驚いた。
ただ、マイナス23度という実感はなかった。
体感として、最も寒かったのは、阿蘇の山頂で、マイナス2度であったが、風がきつく、肌を切るようだったのを記憶している。
首都圏に住んでいると、寒い日があるとはいえ、太陽が射しているとポカポカと暖かく、本当に感謝しなければならない。
雪国の人は本当に大変だなとつくづく思う。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アメリカ一辺倒を見直す良い機会 | トップ | 贅沢な東京都の予算 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。