想い出の小箱Ⅱ : 徒然草子

日常生活の中で感じたことを、徒然なるままに記述する。
OCNブログ人「想い出の小箱:レコード・コレクションからの続き。

内閣府の調査は信用できない

2017-06-17 11:01:29 | 政治

もともと、調査をする気はなく、何か出てきたら大変なので、内閣府の何もないという調査結果は予想されたことだ。
世論の声が大きいので、さすがに調査するといわざるを得なくなったが、時間稼ぎをして、国会の最終日にあわせたるため、打ち合わせに時間がかかった理由だろう。
第3者を入れない内部調査では、如何に繕うかの調査だったと推測できる。
修正は大臣が指示をしたことにして、官房副長官への疑念を断ち切ることで、安倍へ及ばないようにすることが主眼である。
委員会の審議を聞いたが、あきれた答弁である。
藤原審議官に到っては、何も記録はないし、記憶もないと答弁しながら、特定の否定だけは出来るらしい。
山本大臣は、内閣府は出向者の集まりながら、部下をスパイ呼ばわりする。
文科省からの出向者のメールは、内部の雰囲気をよく伝えている。
官僚達よ、こんな上司に何時まで従順に従うのか。
官僚は、特定の政治家のためでなく、国民のために仕事をするべきだ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 官房長官は辞任に値する | トップ | 人間には強い井山 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。