想い出の小箱Ⅱ : 徒然草子

日常生活の中で感じたことを、徒然なるままに記述する。
OCNブログ人「想い出の小箱:レコード・コレクションからの続き。

国民を馬鹿にした財務省の黒塗り資料

2017-05-11 11:47:11 | 政治

ゴールデン・ウイークやフランスと韓国の大統領選他のニュースで萎んでいた森友問題が、又、国会で取り上げられていた。
財務省と森友のやり取りのテープの存在が明らかになり、それに関連して、財務省が資料を公開したようだ。
驚いたことに、資料のほとんどすべてが黒塗りで、いわゆる「のり弁」というやつである。
国民を馬鹿にするにもほどがある。
この態度を見れば、財務省は不正を隠していると、誰もが思うであろう。
委員会での佐川局長の白々しい答弁には、本当に腹が立つ。
安倍は、多数を背景に、徹底的に逃げる戦術を取るようだが、少なくとも、佐川理財局長と迫田前理財局長、田村室長の3人の証人喚問は必要である。
もし、実現しないなら、地検に委ねるしかないが、現在のところ、森友の不正の捜査が中心のようで、どうなるだろう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 二つの大統領選挙 | トップ | オリンピックへの便乗 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。