想い出の小箱Ⅱ : 徒然草子

日常生活の中で感じたことを、徒然なるままに記述する。
OCNブログ人「想い出の小箱:レコード・コレクションからの続き。

不透明な国家戦略特区会議

2017-08-09 14:11:50 | 政治

先日の閉会中審査で、国家戦略特区会議のワーキング・グループ長の八田委員、原委員の「一点の曇りも無い。」という主張が如何にでたらめであるかが明るみになった。
議論の中味は議事録で公表されているといったが、これは、都合の良い部分だけである。
都合の悪いところは削除し、オープンにしているなどとんでもないし、またまた、意に沿わない資料は廃棄して存在しないと言う。
加計学園については、今月開催される大学設置審議会で結論が出されるそうだが、メンバーと議論の内容を知りたいものだ。
又、佐川新国税庁長官は、人前に出て、就任挨拶をするのも、はばかれるようだ。
これでは、徴税への信頼を維持することは難しい。
隠したり、隠れたりせねばならないなら、辞職したほうが良いだろう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 珍しく正直な大臣 | トップ | 佳境に入った世界陸上 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

政治」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。