想い出の小箱Ⅱ : 徒然草子

日常生活の中で感じたことを、徒然なるままに記述する。
OCNブログ人「想い出の小箱:レコード・コレクションからの続き。

バッハを古楽器で聴く

2016-10-16 10:30:14 | 音楽

バッハ・コレギウム・ジャパン・オーケストラの演奏を聴く機会に恵まれた。
これまでに、TVでの放送で何度か聞いたことはあるが、生で聴くのは初めてである。
鈴木優人のパイプオルガンで、バッハの代表作である「トッカータとフーガ ニ長調」、同じく、鈴木優人のチェンバロ独奏で「ゴルトベルク変奏曲」、そして、フルートの前進ともいえるフラウト・トラヴェルソを含めた「ブランデンブルグ協奏曲」と、バッハの代表作を楽しんだ。
「G線上のアリア」として有名なメロディーも弦主体の現在のオーケストラの演奏とは一味違う。
年末には、「第九」と並んで演奏機会が多いバッハであるので、又聴くチャンスがあるかもしれない。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2年ぶりの高校同窓会 | トップ | 広島対日ハムで良かった日本... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。