想い出の小箱Ⅱ : 徒然草子

日常生活の中で感じたことを、徒然なるままに記述する。
OCNブログ人「想い出の小箱:レコード・コレクションからの続き。

第5回電聖戦に見る進歩

2017-07-13 11:56:46 | 囲碁

コンピューター対人間の対戦は、第1回の電聖戦から見続けている。
年々強くなってきてはいたが、この1年の進歩は大変なものである。
この大会は、コンピューター・ソフト同士の対戦で、優勝と準優勝チームが、プロと対戦する権利を得る。
従って、その時点での最強のソフトとの対戦となるが、今回初めて、プロと互い先で対戦することになった。
初出場の中国のソフト「絶芸」が優勝し、お馴染みの「Deep Zen Go」の二つが、グロービス杯U―20で3位に入賞した若手ホープの一力七段と対戦した。
絶芸との碁は、非常に面白く、大熱戦となったが、囲碁ソフトが勝った。
「Deep Zen Go」の開発者の加藤氏の棋力は、アマ5段クラスとのことなので、年々の進歩は理解できるが、「絶芸」の開発者は、囲碁を知らないというから驚きである。
大局観でコンピューターのほうが優れているといわれるのは残念だ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« MLBオールスター・ゲーム | トップ | フェデラー健在;ウィンブル... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

囲碁」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。