想い出の小箱Ⅱ : 徒然草子

日常生活の中で感じたことを、徒然なるままに記述する。
OCNブログ人「想い出の小箱:レコード・コレクションからの続き。

官房長官は辞任に値する

2017-06-16 11:22:37 | 政治

文科省の再調査で「総理の意向」に関連する文書が存在したことが公表された。
きちんと調べたら出てくるであろうことは明らかで、何も驚くことはない。
菅官房長官は、元文部次官があるといっているにもかかわらず、怪文書と決め付け、本人を中傷するような発言をし、隠蔽しようとした責任は非常に重い。
時間稼ぎをして、ウヤムヤにしようとしてきた政府の姿勢は明確であったが、当然ながら内閣府の調査をせざるを得ないところへ追い込まれた。
荻生田官房副長官が、安倍の意向を受けて、指示したことは、最早疑いのないところであろう。
安倍は、岩盤規制を打ち破ったといっているが、友人のために、地位を利用して、利益供与したということになる。
諮問委員会のメンバーの顔が見たいものだ。
今日の午後の参院予算委員会で集中審議が行われるようだが、安倍がどんな弁明をするのか見ものだ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 禍根を残す「共謀罪法」の成立 | トップ | 内閣府の調査は信用できない »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。