想い出の小箱Ⅱ : 徒然草子

日常生活の中で感じたことを、徒然なるままに記述する。
OCNブログ人「想い出の小箱:レコード・コレクションからの続き。

ブリューゲル 「バベルの塔」展

2017-05-20 09:49:57 | アート・文化

オランダのボイスマンス美術館所蔵の至宝であるブリューゲルの「バベルの塔」展を観に行った。
有名な絵で、美術書等で何度も見ているが、やはり本物を見てみたい絵の一つである。
美術館前の表示に、意外にも、待ち時間約10分とある。
20~30分と思っていたので、ラッキーと列に並び、15分強で入場できた。
お目当ての「バベルの塔」は、ミロのヴィーナスの時のように、なんと、「止まらずに、歩きながら見てください。」という。
小さな絵で、微細な描写なので、歩きながらでは、とても味わえない。
2度、列に並んだが、本物を見たというだけである。
そのため、大きく拡大した複製画が展示されており、細かいところまで見ることは出来た。
版画となると、これも、ほとんど見られない。
後で、カタログで鑑賞することとなった。
よくこれだけと思わせる描写である。
東京都美術館では、ステンドグラス作家協会の展覧会と墨人展が開催されており、掘り出し物の展覧会であった。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« バラが見ごろに | トップ | トランプと安倍が去る?日 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。