WTCL

Watchtower Classic Library (1949-1969)

ものみの塔ライブラリ未掲載文書

玉音放送を録音した長友俊一(NHK技師)

2017-08-10 14:22:01 | 興味深い話題



昭和天皇みずからが終戦のラジオ放送(玉音放送)を行った際にレコーディングに使われた「録音盤」、いわゆる「玉音盤」の本物だ。「窒素ガスを封入したシールドケースに入れ、紫外・赤外線カットのガラスを使い、常時4℃を保つ恒温ケースで展示しています」とあった。おそらく日本の歴史上最も重要なレコードであることは間違いない。これは余談だけど昭和20年8月14日の深夜、玉音放送の録音に立ち会ったNHKの技師、長友俊一氏の甥が僕の高校の時の歴史の教師だった。「長友先生」はこの話を授業中にしてくれたことがあったけど、授業より面白かった。

お子ちゃまレコーディング記
より抜粋

YOUTUBEで聞く玉音放送


映画「日本のいちばん長い日」

玉音放送ー明治学院大学社会学部(PDF)

内閣情報局はただちに宮内省、日本放送協会(NHK)との打ち合わせにはいった。
 連絡を受けた放送協会の幹部たちが、情報局に出頭すると「戦争終結の玉音放送を検討しているが、直接陛下の放送とするか、事前の録音とするかは審議中である。至急準備を整えてくれ」と要請された。幹部たちは思わず息を呑んだ。おどろきのあまり声がでなかった。ポッダム宣言受諾は、ある程度予想していたが、陛下自らがマイクの前に立って放送されるとは、予測もできぬ衝撃だったのだ。
 その後、玉音放送は録音と決まり、放送協会は録音班を午後3時までに宮内省に派遣せよと要請された。宮内省も、筧素彦庶務課長を窓口にして、宮内省二階の天皇執務室を録音室に、ドアを半開にした次の間の謁見室に録音機器を設置してマイクのコードをつなぐことにして、準備作業を開始した。放送協会では、矢部健次郎国内局長を総監督に、録音責任者に近藤泰吉現業部副部長、長友俊一、春名静人、村上清吾、玉虫一雄の4技師をスタッフに選抜した。

昭和の大戦争 第3章より抜粋
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 統治体の成員と援助者 | トップ | ブロードキャスティングでの... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。