WT 気ままな店長のひとり言(^^♪

お店に関係無い事もいろいろペラペラ...

シャイニーゴールデンヘッド!!

2017年01月04日 21時33分57秒 | 日記

お知らせ

6日(金)は臨時休業させて頂きます

よろしくお願い致します




近日入荷の


「Shiny Golden Head」

(±30cm)


お正月から前予約を頂きありがとうございます



今か今かとお待たせしておりますが

1月中旬入荷予定です

もう少々お待ちください



前回入荷より1年経ちその個体達も

お客様の所で50cm程に成長しています


↓28年2月入荷個体±30cm↓


↓28年8月±40cm↓


↓28年10月↓


↓28年12月±50cm↓

(お客様携帯撮影)


金質が濃くなり体型も一段と太くなってきいてるとの事

まだまだこれから変身していくタイプの

血筋なので楽しみですね


お問い合わせで「ゴールデンヘッドは

金質が悪くなる(落ちる)んじゃないですか?」と聞かれます

シャイニーゴールデンももちろん日本に輸入後

2~3週間で退色します...

キッパリ言いますが

輸入直後の金ピカのままではありません

よくショップで「このゴールデンヘッドは

退色しにくいですよ」と言われ

購入後1~2ヶ月で退色し背中が黒くなってしまったと

言われる方が多く居ます...

それは戻ってあたりまえです

日本に輸入されているほとんどのゴールデンヘッドは

20cm程でまだ体色の定着がなっていないサイズだからです

本来の過背金は20cm程では銀

30cmぐらいから金色へと変わって行きます

ではなぜ20cm程で金色でゴールデンヘッド

個体が居るのかと言う疑問が出てきますね

それは現地でもより良い過背金をブリードする為

白水槽で光を当てて巻きやすい個体を作っています

そして20cm程のゴールデンヘッドが出来ています

ですが先ほども書いた通り20cm程では

色の定着はしていないので戻ります

色の定着がしてくるサイズは30cm程です

なのででは20cmサイズは輸入しません


もう一つ知って頂きたいのは

過背金(ゴールデンヘッド)の飼育方法です

日本ではゴールデンヘッドの正しい飼育法が

ほとんど紹介されていないので普通の飼育では

退色したままになってしまいます

その飼育法は東南アジアではあたり前に知られていますが

日本では飼育法より売る事が優先されてしまい

正しい飼育法を伝えられなかったために

「退色する」「戻る」と言う

イメージが付いてしまいました


紅龍は紅龍の飼育法が有るのと同じで

過背金も金底、藍底、ゴールデンヘッド

それぞれの飼育法が有ります

知らないのは日本人だけです


 

飼育法にいては後日ブログで

紹介させて頂きます

長くなりそうなので今日の所はこの辺で

途中ですみません



ご試問、お問い合わせは

お気軽にどうぞ



 

愛知県春日井市東野新町2-17-7光ビル

直通ダイヤル 090-7857-0707(町野)

Tel.Fax 0568-82-7257

wt-no1@outlook.com






『魚』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 元旦から | トップ | 世界遺産 »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。