WT 気ままな店長のひとり言(^^♪

お店に関係無い事もいろいろペラペラ...

エサ

2017年11月20日 20時16分57秒 | トピックス

 

日本でアロワナに与えるエサと言えば

コオロギ、ワームがメインになってる方が

ほとんどだと思います

お客様のお問合せで「カエルやどじょうは

メインの餌として与えるのはどうなんですか」などと

問い合わせが有ります


では昆虫は殆ど与えていません

何故かと言うと現地では昆虫類は殆ど与えていません...

現地でのメインは水棲の生物がメインで与えられています


カエル

エビは頭を取って与えています

現地では「どじょう」と言ってましたが

おそらくスパイニールのブツ切り


昆虫は輸出の調整中に与えられるだけで

普段は殆ど与えられていません


気が付いた方も居ると思いますが

生きた物は一切与えません

何故かと聞いたところ

「生きていると追いかけてケガをしたり

口の中で暴れたり顔や体を傷つけられたりするから

何処のファームやマニアも生きた状態の餌は

与える前に絞めて与えて

大きい餌は細かく刻んで与える」との事でした


幼魚に与えるエサは食べやすいサイズに細かく刻みます


昆虫のデメリットは水棲の生き物(魚)では

消化出来ない部分が有る為です

コオロギは頭や足、ワームは体の表面である殻の部分

自然界では毎日食べていませんよ

日本ではそれを毎日与えてしまっているので

消化不良で調子を崩したり拒食にもなります

内臓障害を起こし酷いと浮きっぱなしになります


アロワナは自然界では

9割以上水棲の生き物しか食べていないです

エビやどじょう、カエルの方が良い事が

分かって頂けましたか


そんな事ででは昆虫をほとんど与えなくなりました

どじょうやカエルの方が栄養価が高くバランスも良いので

成長スピードも変わりますよ

 

もちろん昆虫に馴れている個体にいきなりどじょうなどを

与えても食べてくれません昆虫の方が味が良いので...

餌抜きして食べるようにしてあげて下さい

大抵の個体は1~2週間で食べるようになります


与えているのは冷凍の「どじょう」です


お気軽にお問合せ下さい





 

(熱帯魚)        (多肉植物)

愛知県春日井市東野新町2-17-7光ビル

直通ダイヤル 090-7857-0707 (マチノ)

Tel.Fax 0568-82-7257

wt-no1@outlook.com






塊根植物・塊茎植物ブログランキング参加用リンク一覧


コメント
この記事をはてなブックマークに追加