rybxcvb

cvcnnn

無償の下では、何の呼び出し待機状態は、馬氏iPhone3GSの携帯電話が爆発し

2017-08-05 22:17:26 | 日記
無償の下では、何の呼び出し待機状態は、馬氏iPhone3GSの携帯電話が爆発し、スリープ状態にする準備ができていない、彼はショックを受けました。長い保証期間を過ぎて、馬氏は、Appleに対して主張するつもりはありませんが、彼らは他のApple製品の安全性の手の中にある場合は、「粉」と、彼はただ、編集者注を把握したかったので。
iPhone7シャネル昨日、Appleのアフターマーケットの返信北京モーニングポストの記者は、爆発は、老化の電池としなければならないことです。

これは、2年以上アイドル状態になっています

電話での爆発は、長い充電時間に、ニュースに似ては珍しいことではありませんが、スタンバイモードでは、Appleの独自の携帯電話でも爆撃、驚くほど昌平区に住んでいる馬氏を、聞かせて発生しました。
携帯iphone7ケース

馬氏は、iPhone4の、馬の出現は、前のアイドルにiPhone4の、iPhone3GSのを買って2年後に、ピリオドを使用して、携帯電話を購入するために2009のiPhone3GSの後半に、通常のAppleユーザーの動向を追求しています。月前までは、馬氏は仕事の要件のため、iPhone3GSの学部はそのオリジナルの、2本の移動電話を同時に見つけます。
coachコーチ iPhone7 ケース 、私もiPhone3GSのが爆発期待していなかった「しかし、iPhone3GSの省は通常、夜に帰宅するときにのみ時折、それを使用し、自宅にいるということ」

馬は道路、事件11月13日の夜、北京の朝のニュースの記者にリコール、寝室のナイトでの電話は、彼はベッドの準備、そして突然聞いた「ビッグバン」して、母は見て、電話は「引き裂か」されています「その時には電荷、使用されていないなかったが、スタンバイ状態では全くあり、それは後で私に驚い発見するために選ばれ、側面からブラスト触れ、または破片の温度べきです。「記者は、このiPhone3GSの電話が真剣に歪んシェル後、バラバラに爆撃されていました。
シャネルiphone8ケース 「幸いなことに、人への傷害、および電話カードのみ、ダメージを黒くしないことを。」馬は言った、彼は11月12日の夜に最後の時間を覚えて投入したが、時間は長くありませんが、爆発は13日の夜に発生しましたそれは、使用中の携帯電話に自宅で誰も行われていません。
シャネルiphone7ケース

バッテリテストは、2年間のために必要とされます

馬は、携帯電話は保証対象外ですので、基本的には「グッズ」となっている、北京モーニングポストの記者に語った、彼はちょうど電話がスタンバイモードに爆発する理由を把握しようと、アップル社に対して主張するつもりはありませんか?

記者は営業スタッフは爆発が一つの可能​​性は、それが内部バッテリに自身が欠陥がある、」それはバッテリーである必要があり、確かに携帯電話の問題ではありませんが、彼は、この携帯電話は、この作業の前に、長年使用されてきたと述べ、Appleの携帯電話の売り手のコンサルティングを訪問しました小さくてもよい。別の特別な温度におけるバッテリ、湿度及び悪い状況が瞬時に爆発を引き起こし、放電電流を大量に生成することができます。
iPhone7ケース

アップルの顧客サービスは、災害の一般爆発バッテリー「混乱を」と述べ、具体的な理由は、識別するために、将来の専門家と技術者によって決定される必要があり、馬が検出するすべての部品やアフターチケット持参をお勧めします。顧客が爆発に関連している可能性があり、元の充電器とバッテリーの老化を使用しているとして、スタッフが言った、SOHO、相談のアップルのセールスポイントに位置記者は、「結局、4年前から使用されてきた、我々はすべての製品の老化を持つことになります。
7Plusケースシャネル

電話のバッテリーの爆発や年齢に関連しては、その後、Appleの携帯電話のバッテリーの寿命はどのくらいですか? Appleの顧客サービスのスタッフは、このような待機時間の発見として、それを検出するために、定期的にバッテリーの二年以上の使用をお勧めします」、これは、通常の状況下では、バッテリーは2年間、全く問題ありませんが、異なる個人の習慣によると、人生の長さが異なることになると述べました強力な短縮、高齢化が深刻であってもよいし、それが爆発し、他の極端な状況て生じるのを防ぐために、交換することが最善です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
   | トップ | 注視人気波機械AppleのiPhone... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。