観劇日記

芝居(主にシェイクスピア)の感想を綴る。個人的な記録、見る予定のない人への紹介、すでに見た人へは一つの意見として。

2016年の芝居・総括

2017-03-20 17:50:22 | Weblog
今年も早3月も半ばを過ぎました。昨年一年間に見た芝居は20コ。諸事情あっていつもより少ないですが、その中から特によかったと思うものを
見た順に挙げていきます。カッコ内は特に光っていた役者さんです。


 6月 「あわれ彼女は娼婦」ジョン・フォード作  栗山民也演出    新国立劇場中劇場 (伊礼彼方・横田栄司・浅野雅博・蒼井優)
                                   
             
10月 「お国と五平」   谷崎潤一郎 作  マキノノゾミ演出    吉祥寺シアター  (七瀬なつみ・石母田史郎)
            ※原作が素晴らしい上に、主演の七瀬なつみが魅力的!選曲のセンスにも拍手。          

    「一人二役」    R.トマ  作   福島三郎演出     シアタークリエ  (大地真央)
            ※これも原作がいい。大地真央はコメディセンス抜群。追っかけるファンの気持ちが分かる。
      
    「治天の君」    古川健  作   日澤雄介 演出     シアタートラム   劇団チョコレートケーキ
            この劇団は初めて知ったが、個性的で骨太で実力派。


厳選の結果、今回はたったの4つになりました。

その他の芝居で印象に残った役者さんたちを挙げましょう。

鈴木亮平 (ライ王のテラス)
鈴木杏  (イニシュマン島のビリー)
立石凉子 (尺には尺を)
周本絵梨香(同上)
石住昭彦 (景清)
橋爪功  (同上)
新納慎也 (スルース)
那須佐代子(ヘンリー四世)










 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オペラ「ベルファゴール」 | トップ | 三谷幸喜作「不信~彼女が嘘... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL