観劇日記

芝居(主にシェイクスピア)の感想を綴る。個人的な記録、見る予定のない人への紹介、すでに見た人へは一つの意見として。

「景清」

2016-12-28 10:02:27 | Weblog
11月22日吉祥寺シアターで、演劇集団 円公演「景清」をみた(原作:近松門左衛門、脚本:フジノサツコ、演出:森新太郎)。

壇ノ浦の戦いで滅亡した平家の武将、平景清は、父を訪ねてきた娘に自分が盲目となった波乱万丈の人生を静かに語り始める・・・。

登場人物が皆それぞれハリボテの人形を使い、必要に応じて自分の手を直接使ったり、人形から離れてセリフを言ったりする。
始めは戸惑ったが、次第にこのやり方も必然性があると思えた。

天井につながった太い綱で両腕を縛られていた景清が一心に念じると、綱を2本共切ってしまう。天井こそ落ちなかったが、まるで旧約聖書の
サムソンのよう。
彼を訪れた娘(高橋理恵子)は、実はこの時もう・・・。

主役の橋爪功はいつもながら達者な演技。枠構造の芝居だが、冒頭とラストの老人と、若き日の凛々しい姿とを見事にくっきりと演じ分ける。
景清の子を産む遊女阿古屋役の石住昭彦のうまさに驚嘆した。この人は「マクロプロス」以来何度も見てきたが、こういう芸の持ち主だったとは
知らなかった。

やっぱり円はすごい。何度も書いているが、文学座より安定感がある。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« シェイクスピア作「マクベス」 | トップ | 「スルース 探偵」 »

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事