生ハムくらいの透明感

陽ノ森が描いたり書いたりします

手も

2016-12-20 21:10:33 | 日記
全身だけじゃなくて描けないパーツばかりですよもう。
描けないの描くときって初めての町歩くみたいに心もとない。
次の角まがったら何があるのか読めない感じ。

でもはじめての町だからこそ注意深く観察したい自由に歩き回れるようになりたいっていう欲も出てくるというものだ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 円くとはいかないまでも | トップ | 技術も知識も »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事