アルバニトハルネ紀年図書館

アルバニトハルネ紀年図書館は、漫画を無限に所蔵できる夢の図書館です。司書のWrlzは切手収集が趣味です。

『虎と狼』第1巻/神尾葉子

2010-05-27 | 少女漫画
 
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ


『別冊 マーガレット』2009年12月号に読み切りとして登場し、2010年3月号から連載になった漫画です。すごく面白いんですよ! 神尾葉子先生のファンになりました。


創業50年の定食屋「ひまわり」を手伝っている、BL好きでやや夢見がちな高校一年生の鳥沢美以(ミー)。彼女はある粉雪の夜、お互いを「トラ」「オオカミ」と呼び合う二人の美しい男と出会う。出された料理をうまいうまいと嬉しそうに食べる千谷虎次(トラ)、お腹が鳴っているのにかたくなに手料理に手を付けようとしない大上謙(オオカミ)。来年建つ予定のフードコートのために立ち退きを迫られ続け、おばあちゃんが心労で倒れてしまった時に、ミーはいじわるなオオカミがそこの会社の息子で、笑顔がまぶしいトラが美術を志していると知る。トラから聞かされる、オオカミが手料理を食べない理由。ミーは、フードコートの建設をやめさせるためではなく、「おいしい」を知らないオオカミのために大学に押し掛けて、心を込めて作った料理を置いていく。
「ごちゃごちゃ言うのは 食べてみてから!」。

翌日、うまかったと綺麗に平らげた食器を返しにくるオオカミ、そして何故かフードコートは中止になる。
その後、ひまわりでしかご飯を食べなくなったオオカミと、食べるのも忘れて制作に没頭してしまうトラが足しげくひまわりに通ってくれるようになる。妄想を膨らませて二人を題材にしたBL小説をどんどんネットにアップするミー。しかし二人が就職する時が訪れ、お礼のメモを残してトラも、嫌な奴だったはずのオオカミも姿を消してしまう。それが恋だったのかどうかわかる前に。心に穴があいたまま2年生に進級するミー。なんと、始業式で新任の先生として紹介された中にいたのはトラとオオカミだった。

騙された!と腹を立てながらも、二人に再会できてミーは嬉しくてたまらない。ところが自分の担任になったオオカミは目もあわせずミーを徹底的に無視し、ひまわりにも来てくれない。
学校でもオオカミはそのすさまじい毒舌と横柄な態度で嫌われる。一方、トラはその美貌とやわらかな物腰で全校女子の人気者。美味しいお弁当がきっかけで初めてクラスメイトと打ち解けられたミーだが、トラと知り合いだったとばれてしまい、翌日から仲間はずれにされてしまう。
「食べ物で釣って友達作ろうとしてんじゃねーよ」とひがまれるミーの前に現れたオオカミが、飯をうまく作るのは才能で個性だと、「おまえらの様に 頭の中が男一色のメス猫にはわからないだろうが」と一喝してくれる。無視していたのは全部オオカミの優しさだったのだと、美術室で重箱弁当を三人で囲み、涙がこぼれてしまうミー。

ミーは女子からはハブられ、オオカミは万引きを咎められた不良に呼び出される。騙されて化学資料室に閉じ込められる二人。両親を亡くした列車事故の時に暗闇に三日間閉じ込められたトラウマがあり、発作を起こしてしまうミーの手を取り、名前なんてただの記号だと言っていたオオカミが初めて「美以」と名前を読んでくれる。

続きは発売中の別マ6月号で読めるぞー!


#0カラー(『別冊 マーガレット』2009年12月号)




#1(2010年3月号)




『別冊 マーガレット』2010年3月号表紙



お薦め度:★★★★☆
神尾葉子先生のファンになりました。
ごちゃごちゃ言うのは読んでみてから!



にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 トラコミュ 漫画、マンガ、まんが、コミックへ
漫画、マンガ、まんが、コミック
にほんブログ村 トラコミュ 少女マンガへ
少女マンガ

【検索用】虎と狼 神尾葉子 1
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『ベリー ダイナマイト』第3... | トップ | 『執事様のお気に入り』第8巻... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。