アルバニトハルネ紀年図書館

アルバニトハルネ紀年図書館は、漫画を無限に所蔵できる夢の図書館です。司書のWrlzは切手収集が趣味です。

『ACONY』第3巻(完結)/冬目景

2010-09-23 | 青年漫画
  
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ


永遠に描き続けてほしい漫画だったので、帯を見て完結と知り、少しショックでした。
しかし、読み終えたら、言葉にならないほど美しく楽しい名作でした。
全3巻で完結したことも含めて、私はこの漫画の総てが大好きです。

人生は凡庸(ぼんよう)だけど、それは退屈の同義語ではない。
平行世界では自分は違う人生を歩んでいるかもしれないし、容姿も性別も違うかもしれないし、初恋の相手も違う姿をしているかもしれない。
老いない人はいても、死なない人はいない。だから生きるということには掛け替えのない価値がある。
櫁野(しきみ野アパート)は幼い頃や子供の時に人の心に刻み込まれる原風景で、やがて大人になって足が遠のき、自分の知らない内に取り壊されるのかもしれない。プライバシーもなく騒がしい、そこでの暮らしをむしろトラウマだと称したモトミも、大人になった時にはその本当の価値を思い出すだろう。

一般的に「名作」と呼ばれる作品は全ての要素に意味があることを評価されるけど、この漫画は逆に大半のエピソードが「無意味」であることで名作となっている。

世の中は面白い漫画で溢れているので、私は今こうして生きていることが幸せでたまりません。
なんでオレはこんな恥ずかしいことを書かなきゃならないんですかっ!?(笑)


お薦め度:★★★★★


にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 トラコミュ 漫画、マンガ、まんが、コミックへ
漫画、マンガ、まんが、コミック
にほんブログ村 トラコミュ 青年マンガへ
青年マンガ

【検索用】ACONY 冬目景 3
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『テルマエ・ロマエ』第1巻/... | トップ | 『ひとりたち』/菅野文 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (存在しないIDです)
2010-09-23 15:01:09
あ、発売になったのですね!
完結か…冬目先生の完結って久々では(汗
感激で恥ずかしいこともそりゃ書きますわなw
よーし、買いにに行くぞっと。
名作 (Wrlz)
2010-09-23 20:09:12
>存在しないIDです 様

しきみ野アパートは永遠です!
この漫画が大好きだという気持ちを書こうとしたら、すげえ恥ずかしい記事になりましたよ(笑)

日課のように漫画が好きだと書き散らしているこのブログがそもそも恥ずかしい物なんです。
Unknown (存在しないIDです)
2010-10-10 07:59:30
遅ればせながら買いました。
うん、白冬目炸裂ですね。
あの『羊のうた』の壮絶さとはまるっきり逆の、やわらかくあったかい感じにあふれた作品でしたね。
 (Wrlz)
2010-10-10 14:27:50
>存在しないIDです 様

私は黒冬目をほとんど読んでいませんが、私にとって『ACONY』は世紀の名作です。
かつて人々がこぞってそこに住みたがり愛されていて、今は時代から取り残されたアパートが頑に「存在すること」をやめようとしないというのが良いんですよ。泣けます。
模型絵師を続けているモトミのじいちゃんも、迫害されてもたばこを吸い続けるお母さんも、人間ではあっても「しきみ野アパート」の一部なのでしょう。

今日また読み返したら、やはり名作でした。
ささやかなエコポイントを図書カードに替える予定なので、それが届いたら『イエスタデイをうたって』を買い揃えると思います。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

青年漫画」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。