アルバニトハルネ紀年図書館

アルバニトハルネ紀年図書館は、漫画を無限に所蔵できる夢の図書館です。司書のWrlzは切手収集が趣味です。

『鉄腕バーディー』第19巻/ゆうきまさみ

2009-12-17 | 青年漫画
 
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ


夢に出てきたバーディーの裸、早宮の裸。片付いていない宿題を手に須藤の家を訪れるつとむ。
「須藤はさぁ、クラスの女子とか親しい知り合いをオカズにできるか?」。他人にも訊けないしバーディーにも筒抜けになってしまう質問(笑)

二心同体を知っているネーチュラー・ゲーゼ=アルティラ神祓官が目の前に現れて、バーディーの失態をほじくり返す。本題は、クリステラ・レビが奥の院によって一級異端に認定されたこと。特殺官の派遣が決定されるので、これまでの情報と捜査記録を神祓庁に提出しろと。

怒るつとむ、「理想の職場なんてないってことよ。」と宇宙人とは思えない台詞を口にするバーディー。仕事なんかやめちゃってアルタ人差別もない地球で静かに暮らせたらいいかもねー。

「あなた、千川つとむじゃないでしょう?」と鋭い早宮。
ししまいの刑事さん(菅原刑事)も千川つとむのことを尋ねに来るし、色々と危機。須藤はいい友達だなー。
そんな時、千川家を訪ねてきたのは、オリオテーラ幼年学校でバーディーと同期だったクレド。外務省三等書記官になった旧友との再会を喜ぶバーディー。地球に墜落した偵察機の回収に協力して欲しいと言うクレド、しかし渉務官がその話に賛成してくれたとき、マーカーは同席していなかった!


実生活のほうでは、早宮の追求が怖くて勉強がはかどらないつとむ。深夜にパソコンのフォルダを開いてエロ動画。二心同体での性欲処理は大変だ(笑)
翌日、つとむが遅刻すると「小学校ん時から、行動パターンが変わらないんだから。」と言う早宮、それこそが千川本人である証明じゃないかという須藤の指摘。

下級役人のクレドを追いつめ、連れ帰ろうとする連中はなんと辺境観測船オプラ・ガルデの乗員。須藤と早宮も巻き込まれ、乗員が須藤を千川と人違いして転送しようとした処に飛び込むつとむ。
転送された先は、正にオプラ・ガルデの船内。屈辱の検疫!

『週刊ヤングサンデー』は2008年35号が休刊になった号、第19巻は13〜27号掲載分を採録。



お薦め度:★★★☆☆
第19巻採録分をゆうきまさみ先生が描いていた頃、既に『ヤングサンデー』の休刊の話が出ていたのでしょうか。「駆け足」でお話が進んでしまっている点が残念です。
『スピリッツ』で『EVOLUTION』が始められて本当に良かった。『EVOLUTION』はこれから買うんですが。その前に第20巻を買います。
ストーリーよりも「漫画を読む人口が減っている」という現実のほうが気になってしまった(笑)

このブログをご覧の方は私が漫画ばかり読んでいると思われるのかもしれませんが、実は漫画ばかり読んでいるんですよ!


にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 トラコミュ 漫画、マンガ、まんが、コミックへ
漫画、マンガ、まんが、コミック
にほんブログ村 トラコミュ 青年マンガへ
青年マンガ

【検索用】鉄腕バーディー ゆうきまさみ 19
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『ラブ★コン』第10巻/中原アヤ | トップ | 『花とゆめ』2010年2号 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

青年漫画」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。