アルバニトハルネ紀年図書館

アルバニトハルネ紀年図書館は、漫画を無限に所蔵できる夢の図書館です。司書のWrlzは切手収集が趣味です。

『オオカミ少女と黒王子』第2巻/八田鮎子

2012-02-24 | 少女漫画
 
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ


言っとくけどな
本物だと俺の趣味が疑われるから
テキトーにかわりをあてがっただけだからな
おまえは俺のモンだって印(しるし)だから
ぜったい忘れんな

(佐田恭也から篠原エリカへ)



 連載も好調に続きながらの第2巻。第7話までと、読み切り『純潔ララバイ』を採録。
 犬が本当に好きなのだという、今まで見られなかった佐田っちの一面が見られたり、彼にも友達がいたという意外な事実を知りながら、エリカの奮闘(?)は続く。エリカが頑張る度に、恭也は照れてはぐらかしてしまう。そういうのを繰り返しながら、二人の仲が深まっていく様が楽しい。

 八田鮎子さんの漫画は、とにかく面白い。良い意味で「プロが描いた作品」という印象を受ける。「面白い」というのは理屈ではないけれど、作者は面白い漫画を描くために、見えない所でとても苦労しているはずだ。ところが作品自体は、作者が漫画を生み出すために苦労していることを感じさせず、ひたすら楽しい。コメディを描くのはとても難しいことなのに、高い完成度を常に維持している。そういう所はさすが「プロ」だと思う。

 私は『笑点』という番組が大好きで、噺家(落語家)に対して大きな尊敬の念を抱くようになった。私はテレビやラジオで見聞きする一部の噺家しか知らないけれど、噺家の方々は常に面白い。中にはテレビに顔が映っただけで、これまでの言動が呼び覚まされて、笑わされてしまうようなすごい方もいる。その芸は稽古を積み努力を重ねて身に付けた物なのに、「私はお客さんを笑わせるためにこんなに努力している」などと語る噺家は、私の知る限りでは一人もいない。
 そういう、噺家に対する尊敬と、コメディを描く漫画家に対する尊敬の念は、私の中では多くの点で重なっているのだと思う。


第5話カラー扉(別冊マーガレット平成23年11月号)



お薦め度:★★★☆☆


にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
にほんブログ村 トラコミュ 漫画、マンガ、まんが、コミックへ
漫画、マンガ、まんが、コミック
にほんブログ村 トラコミュ 少女マンガへ
少女マンガ

【検索用】オオカミ少女と黒王子 八田鮎子 2
『マンガ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『花とゆめ』2012年6号 | トップ | 『いっしょにねようよ』第6巻... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。