アルバニトハルネ紀年図書館

アルバニトハルネ紀年図書館は、漫画を無限に所蔵できる夢の図書館です。司書のWrlzは切手収集が趣味です。

『高校デビュー』第1巻~第2巻/河原和音

2010-06-08 | 少女漫画
 
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ



『青空エール』が大好きなので、過去作品にも手を出し始めました。
すごく良い!

中学まで部活のソフトボールにすべてを賭けた、長嶋晴菜(ながしまはるな)。部活終ってから少女まんがを読むのも生き甲斐だった彼女は、高校では恋にすべてを賭けようと、ある日2時間もナンパ待ちをしていたが、誰一人自分に声をかけない。そこへ通りがかった、男ウケをわかっている男子、思ったことが口をついて出てしまったおかしな出会い。
真巳(まみ)がコーチが必要だと指摘してくれた時、二度と会えないと思っていた小宮山(こみやま)ヨウが、同じ学校の先輩だったと判明する。出合い頭に「女なんか大っキライ」と言われてしまった晴菜を探しに来てくれた、ヨウの妹の麻美(あっさ)。コーチするのを拒み続けていたヨウは、晴菜が置いていった試合のビデオを見て、全力でやってみたいという言葉を思い出して、絶対俺のことは好きになるなという条件付きで、コーチをしてくれることになる。

手始めに私服を選んでくれることになったヨウ、雑誌にかいてあるままの格好で現れてしまう晴菜。仕切り直そうと家に戻ると、ヨウと言い合ってる女子がいると、ヨウの友達の朝丘と田村史也(ふみ)は物珍しそうに、楽しそうに笑う。店内で5人でモテるモテないのお喋りで盛り上がっていると、調子に乗って禁句である「ビーズ事件」の話題になってしまい、ヨウは本気で腹を立てて席を立ってしまう。
「追いかけてはみたものの、こんな時は何をいえば?」と晴菜の心を見透かしてしまうヨウ。笑い顔を褒めたらまた背を向けられてしまい、勘違いして平謝りする晴菜、コーチはやめないと怒鳴ってくれるヨウ。

なんとしても晴菜に似合うスカートを見付けるとヨウが意地になり、疲れて座り込んでしまった時に、声をかけて来た見知らぬ男。初めてのナンパに感激する晴菜。そして晴菜はヨウの制止を振り切りノコノコ付いていき、人間は嘘がつけるというヨウの言葉の意味を思い知る。

晴菜でも似合うスカートを見付けてくれたヨウだが、自分には好きな男のタイプがないという、肝心な物が欠けていたと気付き、晴菜はカベにぶち当たってしまう。そんな時、ストレス発散に訪れたバッティングセンターで、練習をしに来た史也と会い、泣いて笑ってやる気が復活。ただの遊びの腕相撲で、史也相手に本気を出せず、あわてて逃げた翌日、晴菜は恋をしたみたいとコーチに相談する。

第2巻。


ヨウが、今までの人生で会った中で一番ニブいと言う史也とデートする晴菜。影から見守って、メールで指示してくれるヨウ。ちゃんと恋愛してると認めてくれた友達思いのコーチは、告(い)っていいよと告白の許可をくれる。
ところが家に行くと好きな人の膝に乗り、麻美が史也と抱き合っていた。つきあうことになったと照れ笑いする史也。恋愛と部活はちがうのだと、一人公園のブランコで落ち込み、心のいたみを現実に自分で知ったと言う晴菜は、追いかけて来てくれたヨウの腕の中ではじめて恋で泣く。

晴菜が、ヨウと一緒に冬の服といい男を探しに街へ行くと、彼氏に待ちぼうけをくわせている麻美から電話がかかってくる。自分のことなんかだれもすきになんないという、麻美のいっていることのいみがまるでわからない晴菜。
まちあわせの場所をまちがえたのかと現れた史也を前に泣いて謝る麻美を見て、晴菜は本当に彼のことがふっきれ、なぜかヨウもビーズ事件のことはふっきれたと言う。
しかしヨウの前カノが自分とは真逆と聞かされ、晴菜は球技大会で本気を出せない。あの日黙って拾ってしまったブレスレッドはあきれるほど自分に似合わない。自分のタイプ以前に、今のアンタはすごくキライだと言われ、本気で試合に臨んだ晴菜。そして自分に彼氏ができるまで彼女を作らないと、アンタにはアンタのよさがちゃんとあると言ってくれたヨウがすきだと気付く。



お薦め度:★★★★☆
晴菜の可愛らしさも、ヨウのかっこよさも、読んでいて幸せな気持ちになれる楽しいテンポも気に入りました。
「別マの偉大さ」が何なのか、ようやくその一端が理解できたような気がします。これから少しずつ全13巻揃えます。『ラブ★コン』(2001-)と『高校デビュー』(2003-)が同時に載っていた頃の別マというのは化け物のような雑誌だったに違いない。
『青空エール』第5巻も楽しみです。



にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へにほんブログ村
にほんブログ村 トラコミュ 漫画、マンガ、まんが、コミックへ漫画、マンガ、まんが、コミック
にほんブログ村 トラコミュ 少女マンガへ少女マンガ

【検索用】高校デビュー 河原和音 1 2
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『別冊 花とゆめ』2010年7月号 | トップ | 『乙嫁語り』第1巻/森薫 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
別マって (さっとん)
2010-06-09 15:13:46
ホント別マってスゴイですよね^^

河原さんは「先生」もまたカンジが違って面白いです。
次は是非そちらも^^
別マ (Wrlz)
2010-06-09 16:47:32
>さっとん様

大阪の中原アヤ、北海道の河原和音、椎名軽穂。今の別マの凄さを創ったのはこの三人に違いない!

最近は八田鮎子さんの漫画も気に入ってます。いくえみさんの過去作品も制覇したいんですよね。
7月号が楽しみです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。