アルバニトハルネ紀年図書館

アルバニトハルネ紀年図書館は、漫画を無限に所蔵できる夢の図書館です。司書のWrlzは切手収集が趣味です。

『ホムンクルス』第15集(完結)/山本英夫

2011-05-23 | 青年漫画
 
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ


来年度の『こすヨメ』(無事に開催されることを願っています)にも参加したいことだし、ぼちぼち漫画の記事も再開。(節電もちゃんとやってる)。

第15巻で完結したこの漫画を一言で表せば、名越という主人公が「人の心」が見える能力(これを伊藤は手術前に「第六感が芽生える」と説明していた)を得る代償に、「社会性」を失い破滅する物語だと思う。
作中の「見る」という言葉は「視覚」だけでなく、ヒトの五感が認識できる全ての情報に対する広い意味で使われている。名越はまず、学生時代からの嘔吐の習慣により「味覚」を拒絶していたと言える。言葉(=音)を信じないことは「聴覚」への不満であり、頭蓋骨に穴を開(あ)けてからは、今まで見えなかった物を見て「視覚」を疑い、触っても実感がなければ「触覚」も疑い、自分が潰した人間ばかり嗅ぎ付けると知って遂に「嗅覚」まで彼を満足させてくれなくなる。

「人間とは、「外見(カタチ)」だ。」という一度下した結論を翻(ひるがえ)したのを境に、名越には本当に「人の心」が見えるようになり、その代償として社会性を完全に失った。なぜならヒトの社会は「五感で認識できる範囲の情報」のやりとりによって成り立っており、「五感を疑う第六感の持ち主」の居場所ではないからだ。

家庭や学校や職場での日常を顧みれば、その全てが「情報のやりとり」だと言い換えられる。その意味では「ブサイク」である(だった)という名越自身の「主観」に大きな意味はない。世間では人の思考や命令は、音声や記号、身振りや目付きといった、五感で認識できる形で伝達される。それを同じく相手の五感が認識できる方法で受諾か拒絶か無視し、伝達された内容を実行する場合もしない場合も五感を使用する。セックスは時として五感の全てを駆使する行為となるが、やはり「第六感」の入り込む余地はない。
ヒトの社会は情報の出力と入力によって動いているが、実はヒトの持つ「嘘をつく能力」なしには維持できない。そもそも憎悪や侮蔑といった「歪み」を心の中に一欠片(ひとかけら)も持たない人間はいないが、そういう不利な情報は上手く隠ぺいか偽装しないと人間関係は崩壊する。この世の中が「第六感」を無視し抹殺するのは、それが社会性と対立する物であり、ヒトから「嘘をつく能力」を奪うからだ。

世の中には「嘘をつかない人間」もいるのかもしれないが、私は名越とは違い、「私という人間」の「外見(カタチ)」だけを見てほしい。「内面(ココロ)を見てくれ」とは恐ろしくて言えない。外見はいくらでも偽装できるが、内面を変えることは不可能だからだ。
例えば他人を信用させたければ表情を作り言葉を選び「自分が出力する情報」を調節すれば良いし、金持ちに見られたければ身なりや持ち物で「嘘の情報」を出力すれば済む。現代の医学では顔や体付きどころか性別まで変えることができるので、「他人から自分がどう見られるか」という情報はあらゆる意味で制御可能だ。
ところが名越のような「第六感の持ち主」が自分の前に現れたら、私は「嘘をつく能力」を封じられ、「私という人間」を保つことができなくなる。そして1775番のような醜態を晒すか、イタさんのように自殺に追い込まれるかもしれない。

カオ、カネ、モノとななみ(ななこ)が代弁した「嘘」を、「カタチ」と総称した名越は、最後にホムンクルスが「真実」だと結論付ける。しかし現実の世界はカオとカネとモノで構成されており、嘘(カタチ)とは社会性のことであり、ホムンクルスは「幻覚」に過ぎない。
「公園」と「一流ホテル」とを隔てていた物は単なる「格差」に過ぎず、どちらも「社会」という同一面の端と端だ。ヒトの営みの全てを「嘘」だと断定した時、名越は「狭間」にいたのではなく、「社会に存在すること」を既にやめていたのだろう。


お薦め度:★★★★☆

私は一年後の名越が辿り着いた先は天国ではなく、「地獄」だと思う。名越が彼にとっての「真実」を他者と共有するためには全人類が頭蓋骨に穴を開け、更に第六感(と作中で呼ばれている物)が芽生えなくてはならない。私たちは「常識」と呼ばれる世界に生きているが、常識は残酷なことに「多数決」で決まる。人類の大多数が認識している世界が「真実」とされ、一握りの人間にしか認識できない世界は「幻覚」と切り捨てられる。
それでも名越は獄中で、「常識」という世界に生きる私たちを「嘘つき」と嘲笑うのかもしれない。


にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
にほんブログ村 トラコミュ 漫画、マンガ、まんが、コミックへ
漫画、マンガ、まんが、コミック
にほんブログ村 トラコミュ 青年マンガへ
青年マンガ

【検索用】ホムンクルス 山本英夫 15
『マンガ』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 普通です。 | トップ | 『やじろべえ』第1巻/山川あいじ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (存在しないIDです)
2011-05-23 19:43:56
私もこれ読みました。
ななことのセックスの場面、むむむと唸らされましたね。
いろいろ哲学的な意味を感じてしまったり。

最後の場面での名越は幸せなのか、それとも不幸なのか?
いろいろ意見があると思いますが、私も彼は地獄に来てしまったのだと思います。
私なら耐えられない…。
第六感 (Wrlz)
2011-05-24 13:52:04
>存在しないIDです 様

名越に「お前たちは全員嘘つきだ」という捨て台詞を吐かれたような後味の悪さです。
それでも私は第六感など持ち合わせていないので、嘘をつかなければ生きていけません。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。