アルバニトハルネ紀年図書館

アルバニトハルネ紀年図書館は、漫画を無限に所蔵できる夢の図書館です。司書のWrlzは切手収集が趣味です。

『COPPELION』第5巻/井上智徳

2009-10-07 | 青年漫画
 
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ


その姉妹、凶暴につき要注意!!


第4巻を読んだ時は、新展開に次ぐ新展開ってどうなんだろ?と思ったんですが、面白くなってきました!
渋谷に向かう、息吹を連れた親方とコッペリオン一行を、道を封鎖して待ちかまえていた、消息不明の掃除係・小津姉妹。渋谷への道中に現れた二人が関西出身でありながら渋谷系、委員長面する荊に牙を剥き、校則も守らず第一師団側に付きハチャメチャをやりながら退学でも構わない。妹の詩音(しおん)は骨肉能力超強化の特殊能力、姉の歌音(かのん)は電撃の能力。作者が暴走して好き勝手をやり始めたと思いきや、コッペリオンが「生まれてきた意味」という真剣なテーマに迫ります。

自分達が原発事故からたったの2年で作られたのは人命救助のためで人体実験ではなかったという荊の言葉を、そうであって欲しいという願望にしか聞こえないと踏みにじる小津姉妹。自分達はこの使い捨てカイロと同じだと。

1年前、学校の廊下で教頭と遙人が、個体差はあるが自分達コッペリオンは突然死するんだと話しているのを聞いた。自分達にきれいごとは要らない、オレらが先にくたばるか、その前に人間どもを滅ぼすか、これは戦争だと。
第一師団側に付いて自分達の仲間になれという歌音の言葉をきっぱり拒絶する荊。出陣式の朝、何故かもう二度と大阪には戻れないと感じた。きっと自分のDNAはこうなることを知っていた。だったらこの東京で精一杯生きればいいと。
結論としてやはり荊ちゃんは天使なのです!

一方、プラネットの一室に引きこもっている葵ちゃんは、ノーセンスに自分はロボットで太陽の温もりや頬をなでる風の感触を知らない模造品なので葵様が羨ましいと言われる。「外の世界なんて知らない方がいいよ」とまた落ち込む葵。
小津姉妹がバラまいた高レベル放射性廃棄物のせいで次々と警戒レベルを超える三鷹市内の測定器。「死の風がやってくる」と警告する遙人。
三鷹脱出計画を練るプラネット。ブ厚い装甲を着て鳥みたいに空を飛んでいくという実現不可能な方法しかないと言う遙人。中央線の高架を見上げていた荊は「空を飛ぶ方法が1つだけあります!」とひらめく。
鉛や鉄の装甲で覆った車輌を使い時速80キロでゾーンを通り抜ける「武蔵野電鉄作戦」が始まる!


その頃、救助されて名古屋にいたあやめ婆さんは、いくら待っても家族からの連絡などあるはずないと、生存者収容病院を出ていくと言う。人を救うということは難しいとため息をつく江戸川先生。
再び訪れる息吹の陣痛。タエ子は人の命に触れるのが怖いと、子供を取り上げるのは無理だと泣く。

元産婦人科の婦長だったあやめ婆さんは、自分の力が必要だと聞かされ、手伝ってやるから一緒にがんばろうと大喜びする。プラネット最後の晩餐に、自分がいるとみんな笑顔になると言われ、自分に出来ることを見付けて立ち直る葵。
新宿へ向かう新たな旅立ちを明日に控え、固まる結束。


お薦め度:★★★☆☆
マニア心をくすぐりながらも、「生きる意味」という展開になってきて、楽しみです。
絵が少し荒れてきたのは残念です。

NHK『マンガノゲンバ』にて『COPPELION』が放映されるそうです。制作現場の密着映像、誕生秘話など。
BS2:10月12日0:20〜0:59
BShi:10月17日0:50〜1.29


↓精一杯生きるんだ…!
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 トラコミュ 漫画、マンガ、まんが、コミックへ
漫画、マンガ、まんが、コミック
にほんブログ村 トラコミュ 青年マンガへ
青年マンガ

【検索用】COPPELION 井上智徳 5
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『精一杯の恋』/春輝 | トップ | 『花の名前』第3巻/斎藤けん »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Jing*3)
2009-10-07 20:59:13
結論から先に言います。
今日の記事は、まったく本文を読んでません。
買う前にネタバレされてたまるものか(笑
ねたぱれ (Wrlz)
2009-10-07 21:09:51
>Jing*3様

うん、面白かったですよ。
明日は遠足です。避難袋の中にお菓子とジュースと文庫本(笑)

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。