アルバニトハルネ紀年図書館

アルバニトハルネ紀年図書館は、漫画を無限に所蔵できる夢の図書館です。司書のWrlzは切手収集が趣味です。

『君に届け』第14巻/椎名軽穂

2011-09-18 | 少女漫画
 
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ


千鶴が
ちょっとでも俺のすきな奴を気にしてんのが
……うれしかったんだよ

(真田龍)


 雑誌で連載を読んでいても、私は嬉々として単行本を買い続けている。爽子と風早の想いが、共に互いに届いてからもこの漫画の魅力は全く衰えておらず、ずっと手元に置いておきたい作品だからだ。そしてこれからの展開が楽しみでたまらない。極めて優れた作品に対して使われる、「魂の込められた」と称する言い回しがあるが、この漫画は文字どおり、魂を込めて描かれている傑作だ。
 この先どのように展開しようと、私の中で「『君に届け』という作品の価値」は変わらないと思う。私にとってこの漫画は、「自分が別マを買うきっかけ」になった大きな存在であり、その事実はおそらく私の中では、良い意味で永遠に消えない。
 既に『君に届け』は「別マ掲載作の中で私が一番楽しみにしている漫画」ではなくなっているし、好きな作家や作品が増えたため、椎名軽穂先生の過去作品を積極的に買い揃えようとは思わないが、この漫画は完結後も私にとって「特別」な存在であり続けると思う。字が読めるようになったのとほぼ同時に漫画を読み始めたこれまでの人生の過程で、生涯忘れることがないであろう漫画とのいくつもの出会いがあり、私にとっては『君に届け』との出会いもその中の一つだ。

 爽子と風早が付き合い始めてからは、「手」の描写にも私は注目している。椎名軽穂先生は、キャラの腕、掌、指先を、魂を込めて丁寧に描く漫画家だが、今は「爪」までこまやかに描くようになっている。爽子が風早と手を繋ごうとした第12巻の描写は、正に漫画家が「キャラクターに命を吹き込む」表現の一つだ。第14巻でも、飲み物を持つちづの手と龍の手、爽子の頬に添えられた風早の手、感触を思い起こすように添える爽子自身の手と、その描写は多彩だ。そして爽子の、驚いた時や見上げる時の目は「まんまる」で、ちづの瞳は真っ直ぐで力強く、やのちんの瞳は時に物憂げで、「手」だけではなく「目」の表情にまでこだわりがある。
 吉田千鶴は、彼女が徹に片想いしていた頃よりも、愛おしいキャラクターになった。ここまで来たら、吉田千鶴と矢野あやねの恋を最後まで描ききってほしい。この漫画に対しては全てを好意的にしか捉えられないのだけど、例えばあと「2年以上」続いても良いんじゃないかな。全体で「全20巻」を少し超えるくらいで完結するという形は一つの理想だ。
前半の第11巻あたりまでが爽子と風早が結ばれるまでの物語で、後半の同じくらいの量がちづとあやね、それぞれの物語として描かれれば、結果として「2部構成」になって、とてもバランスが良くなるかもしれない。

 ひねくれた見方をすれば、「終わらないでほしい」という読者からの要望に、作者と編集部が応えた結果として、この漫画の連載は継続している。しかし「終わらないでほしい」という声は、作品に対する「最高の賛辞」でもある。作者は作品の完成度を、今まで以上に高めて続きを描き続けている。だから決して飽きることがなく、私の中にも、「もっと描き続けてほしい」という願いがある。


お薦め度:★★★★★


にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
にほんブログ村 トラコミュ 漫画、マンガ、まんが、コミックへ
漫画、マンガ、まんが、コミック
にほんブログ村 トラコミュ 少女マンガへ
少女マンガ

【検索用】君に届け 椎名軽穂 14
『マンガ』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『ビッグコミック増刊号』201... | トップ | 『Yesterday, Yes a day』/岩... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
なるほど。 (さっとん)
2011-09-18 16:50:46
確かにおっしゃる通りな所もあるかと思います。

ただ、もし「CRAZY FOR YOU」が未読であれば
それだけは是非読んで欲しいなぁ、と思います。

椎名先生の陰と陽とでも言うのでしょうか?
「君に届け」が大好きな方の中では
CFYは好きじゃないと言う人も居ます。

でも、是非!!
リアルタイム (Wrlz)
2011-09-19 10:48:06
>さっとん様

『CRAZY FOR YOU』は未読です。でも機会があったら読むつもりです。
ただ、何となく私は「『君に届け』のファン」である状態以上に「椎名軽穂先生の全ての作品のファン」にはならないような気がします。どうやら「リアルタイムで読んだ」という体験が、私にとっては大きいようです。

かなり大げさな喩えをすると、私の中での『ドラえもん』と『パーマン』との位置付けような感じです。私は小学生の時にコロコロを読んでいたので『ドラえもん』はかろうじてリアルタイムですが、『パーマン』は「原作の連載」を一度もリアルタイムでは読んでいません。(アニメはもちろん見てましたよ♪)。それでも私は藤子・F・不二雄先生が大好きです。
Unknown (arisa)
2011-09-21 02:02:00

Wrlzさん

わたくしもさっとん様のゆう通り

とりあえず「CRAZY FOR YOU」
ぜひ読んでみてください。

君に届け がほのぼのラブ♪と位置付けると
「CRAZY FOR YOU」はどろどろもあるけど…
深い作品だと思います

あたしも最初「CRAZY FOR YOU」が苦手でした
しかし2回。3回と読むうちに…
苦手から コレもありになりました。

まぁユキちゃんって勝手だとかさっちゃんケナゲ通り越してるとか
赤星君は 爽ちんのいとこ…とかね。

だめかなぁ…。


CRAZY FOR YOU (Wrlz)
2011-09-21 10:41:26
>arisa様

読むつもりです。
ただ、「何が何でも今すぐに読みたいわけではなく、いつか読もうと思っている」というくらいです。
どろどろは別に嫌いじゃないし、キャラの一人が爽子のいとこというのも気になります。多分、古本を探します(笑)

上のコメントで私は『ドラえもん』と『パーマン』に喩えましたが、星野スミレ(パーマン3号)が、『ドラえもん』で「遠い遠い国」に好きな人がいる女優として登場する繋がりが、すごく良いんですよね。
『ミノタウロスの皿』を始めとする、藤子・F・不二雄先生のSF作品も私は大好きです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。