アルバニトハルネ紀年図書館

アルバニトハルネ紀年図書館は、漫画を無限に所蔵できる夢の図書館です。司書のWrlzは切手収集が趣味です。

『夢みる太陽』第8巻/高野苺

2011-02-15 | 少女漫画
 
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ


しま奈への気持ちに気づいた大家さん。
照れて照れてごまかしても、朝陽や善の目はごまかせない。
そして、大家さんのお父さんが、法的にも精神的にも圧力をかけて、二人を引き裂こうとする。

子供たちは、大人の目をあざむこうと、しま奈は善とつきあうフリをし、大家さんは中川先生とヨリを戻すフリをしようとする。
お父さんの味方である三浦さん(秀)に聞こえるように、花火大会でしま奈に告白する善。
「作戦」のはずだったのに、やはりちゃんと言わせてくれと、善は真面目に、心からしま奈に告白する。その素直で真剣な言葉はとても嬉しく、善は本当に自分が好きなのだと、痛いほど伝わってくる。
善の気持ちに応えたかったが、やはり好きな人は大家さんだと、善を置いてしま奈は本当に好きな人を追いかけてしまう。

気持ちを伝えたいから伝えている善としま奈の姿を見て、自分も気持ちを伝えていいのだと、伝えたくなったと、「半分」だけ大家さんがしま奈に気持ちを伝えてくれた日の夜、「あと一週間でここを出ろ」と大家さんのお父さんから電話がかかってきてしまう。

住人たちが家から離れたくないと川に向かって叫ぶ。はじめは「みんな嫌い」だったしま奈は、今は「みんな大好き!!」と絞り出すように叫ぶ。


36Th DOORカラー扉(別冊マーガレット2010年10月号)



お薦め度:★★★★☆

子供たち(大家さんも含めて)が、諦めたくない、大人の思い通りになりたくないとあがく姿が愛おしい。
お話が格段に面白いわけではないけど、作者のこだわりが楽しい漫画です。とにかくセンスが素晴らしく、秀逸だ。
色遣いやキャラの表情、性格やセリフの応酬、細かい仕草など、気が付くとページの隅々まで食い入るように眺めています。


にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 トラコミュ 漫画、マンガ、まんが、コミックへ
漫画、マンガ、まんが、コミック
にほんブログ村 トラコミュ 少女マンガへ
少女マンガ

【検索用】夢みる太陽 高野苺 8
『マンガ』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『少女少年学級団』第4巻/藤... | トップ | 『超人ロック 嗤う男』第2巻/... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
大人買い (arisa)
2011-02-15 14:29:16
してしまった作品です。1巻ブクオあとは新品でそろえた。なにより しま奈ちゃんがかわいい。膳のパンダがかわいい。大家さんがんばれと応援してます。そういえばツイッターで苺先生がコミックで『大家さん』が『大屋さん』になっているとつぶやいてたよ。どこだ探してみよう(笑)コミック書きおろしのバンビの手紙もかわいい。
大屋 (Wrlz)
2011-02-15 21:13:50
>arisa様

高野苺さんのセンスは抜きん出ていますね。
訓練では絶対に身に付かない、生まれながらの才能を持っている人のような気がします。

「大屋さん」…探してみます(笑)

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

少女漫画」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。