アルバニトハルネ紀年図書館

アルバニトハルネ紀年図書館は、漫画を無限に所蔵できる夢の図書館です。司書のWrlzは切手収集が趣味です。

『リミット』第3巻/すえのぶけいこ

2010-11-21 | 少女漫画
 
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ


第3巻、出たので買いました。今回も読み応えがあります。

薄井さんが姿を消し鎌を失った盛重を、あんたはもう女帝でも亜梨砂様でもなく、ただのモリコなのだと抑揚のない冷たい言葉で罵るハル。逆上して暴言を吐き、その場から立ち去る盛重。
霧の中を歩き回って衰弱していたコンノは、「帰りたい」という気持ちは薄井さんもおんなじだったのだと、彼女の不安をわかってあげられなかったことに後悔の涙を流す。

「もう泳げない--……」と諦めかけたコンノを助けてくれたのは、仲の良かった男子の日向晴明(ヒナタ)だった。2日間ずっとひとりで山の中を歩きつづけていたヒナタは、三人と合流できたことを喜び、戻ってきた盛重に対しても再会を喜ぶ厭味のない笑顔を見せる。
「おとこ」が現れたために世界が壊れると後ずさる盛重。地面に鎌で刻まれた、五人の序列を決めた身分表、これまでの醜い経緯を説明するハル。
仲よくしよう、5人も生きているなんてすごいとヒナタは綺麗事のような言葉を言うが、コンノはその言葉に「仲間がいる」ことを実感し、彼に心から同感して眩しく笑う。
あたりまえだが難しく、大切なことを忘れていたのだと、ハルもキノコを裂く作業に加わる。
盛重だけが、反吐が出る、あんなつくりものの笑顔は信じないと、皆と一緒に寝ることを拒む。

なかなか寝付けずに四人で横になりながら、ひどいことを言ったと神矢に謝るコンノ。神矢もまた、「友達」がなんなのかわからず、あれから考えていたと答えてくれる。人の輪の中に入ろうとしなかった自分にはじめてぶつかってきてくれたのが今野さんだったと優しく微笑みかけて、神矢は眼鏡を外して眠ろうとする。
家庭内暴力に傷つけられていた盛重だけが、自分が生きて帰っても誰も喜んでくれないと、自分だけがあいつらとは違うと、元の世界に戻ることを望まず、モリコとしてしか生きられない世界から逃れられないのならそれを終わらせようと、死を選ぶ。

夜が明けて、意見を交わしながら今日やるべき作業を分担する四人。ハルの問いにヒナタはきょとんとし、ハルはコンノは優しいと、しかし自分はまだ自分を許せないと言葉を続ける。
帰ってまた学校で会えて、その時には変わっていたいという彼女の言葉にうなずくヒナタ。
しかし神矢と共に盛重を探しに行ったコンノ達が見たのは、カラスの群の中に倒れ、背中を引き裂かれた薄井だった。


お薦め度:★★★★☆
極限状態の中で、これまでの「日常」の中では強く意識してこなかった物を、それがどういう物だったのかを振り返る心の変化が面白く、またリアルです。
要領が良かったコンノも、嫉妬で眠れなかったハルも、同年代と交わろうとしなかった神矢も、追従するだけだった薄井も、イジメのターゲットにされていた盛重も、今までの日常に戻れた時、「世界」は大きく変わっていると思う。
完結まで買い続けます。『ライフ』もちらっと読んでみたら面白そうだったのでその内揃えたい。


にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 トラコミュ 漫画、マンガ、まんが、コミックへ
漫画、マンガ、まんが、コミック
にほんブログ村 トラコミュ 少女マンガへ
少女マンガ

【検索用】リミット すえのぶけいこ 3
ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『花とゆめ』2010年24号 | トップ | 一年分の『花とゆめ』 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
私はどうも・・・ (さっとん)
2010-11-21 17:42:22
表紙が怖くて買うのを辞めました^^;

今の所まだ読めそうな展開みたいですが
今後ライフみたいになるとトラウマが増えそうなので読むのが怖いです
『ライフ』 (Wrlz)
2010-11-21 20:26:40
>さっとん様

私は『ライフ』も揃えよう!と思うくらい気に入ってしまいました。

第2巻に付いていた応募券で色紙のプレゼントにも応募しましたが、外れたようです(笑)
ライフと言えば (さっとん)
2010-11-22 20:49:44
ドラマ版も中々壮絶でした。

こんな作品ドラマにして大丈夫なんだろうか?と不安に思って見てましたが・・・。

いじめよくない。

つくづくそう思う作品でした。
『ライフ』 (Wrlz)
2010-11-23 11:32:03
>さっとん様

『ライフ』はドラマにもなったんですね。

『リミット』は、あらすじだけ紹介すると絶望的な物語のようですが、私は逆に前向きな気持ちになれます。そういう処が好きです。
そっか・・・。 (さっとん)
2010-11-25 16:28:47
私はあのネガな方に引っ張られそうで
すえのぶけいこさんの作品は全般苦手です。

タブン自分も女だからかも知れませんが
「女ってこういう所あるよなぁ」とか
思っちゃうのも恐怖とトラウマの一因かと^^;
そうかもしれない (Wrlz)
2010-11-25 21:06:20
>さっとん様

女性の感じ方と男性の感じ方との違いは確実にあると思います。

私はこの漫画を「ネガティブな作品」だとは全く感じないんですよね。主人公の5人(6人?)が高校生時代に何かを「学ぶ」という、青春物だと思っています。だからみんな頑張れよーというような目で、彼女達を応援しながら読んでます。

私はコンノよりもハルが好きです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。