アルバニトハルネ紀年図書館

アルバニトハルネ紀年図書館は、漫画を無限に所蔵できる夢の図書館です。司書のWrlzは切手収集が趣味です。

『パーム 蜘蛛の紋様』全6巻/獸木野生

2017-01-30 | 少女漫画
 
戦争はよくないが必要と考えたり
悪いが止められないと思う人間もいる
結局そのほぼ全員が止めようとする者の敵に回るんだ
マフィア並みの不人気だろ

(ジェームスからティットへ)


 私が『パーム』を知ったのは、『オールスター・プロジェクト』が連載されていた時だ。雑誌で毎月読んでいるうちにハマっていった。
 数年がかりで『お豆の半分』から『星の歴史』を揃えて、『愛でなく』はリアルタイムで買っていた。
 その後しばらく買うのを忘れていたら、『蜘蛛の紋様』の第3巻にプレミアがついてしまったので、その巻だけ電子版を買う(安くなった時に紙版も買いましたが)。

 初めて読んでから30年近く経ってようやく『蜘蛛の紋様』までたどり着いたけれど、結果的に良かったような気もする。
 高校生の時に『蜘蛛の紋様』や『TASK』を読んでも、私はおそらく理解できなかった。

 本作では大量の伏線が回収される。

 今まで「憎い人間など誰もいない」というジェームスの心理がよく分からなかったけれど、農場での監禁生活から刑務所出所に至るまでの経緯を知ると、そういう一種の「境地」にたどり着いたのも納得できる。

 作品の舞台である1980年代、「西側ではない」ことは「東である」ことと混同されていた。だから資本主義を批判する彼の真意を理解できずに、作中でメディアや大衆は、短絡的に彼に「コミュニスト」のレッテルを貼ってしまう。

 ジェームスが死ぬことは作中で既に定められているので、「一人の天才」が世界を変えるわけではないことも、知っている。

 それでもやはり、私は彼らの生き様に惹かれ、その行く末を見届けたい。

 『パーム』の登場人物ほど壮絶な人生でなくとも、生きているとどうしても「漫画を読む時間がない」という時期がある。
 そして、再び漫画が読めるようになった時に、
「あの続きを読みたい」
と思わされる作品というのは、真の名作だと思う。

 背表紙の色は、白→青→黒と変化。



★★★★★


にほんブログ村 漫画ブログへ

【検索用】パーム蜘蛛の紋様 獸木野生 6
『マンガ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『超人ロック ドラゴンズブラ... | トップ | アニメに散財していた時 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

少女漫画」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。