アルバニトハルネ紀年図書館

アルバニトハルネ紀年図書館は、漫画を無限に所蔵できる夢の図書館です。司書のWrlzは切手収集が趣味です。

『Unな彼女』第3巻(完結)/楠桂

2010-11-12 | 青年漫画
 
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ



完結しました。いやあ面白かった! 決して「名作」ではないけど、「傑作」です。珍作かな?

腐ったラブコメなのかと思ったら最後では綺麗にまとめてくれました。

3Pを拒まれた神崎林さん。しかしその神崎林さんから「混」のために稔と菜々子は温泉に招かれ、もうすぐ死ぬと嘘をついてそこへ順一も押し掛ける。自分を「尊きレズビアン」だと称する神崎林さんは順一に図星をさされ、彼女の怒りの矛先は女装男と仮性レズビアンのカップルに向けられる。

親友を愛してしまった順一の、気持ちにケジメをつけたいという願いを聞いて最初で最後のデートに稔は付き合い、それを境に稔は「自分の美しさ」に気付いてしまう。
女へんが入る「嫉妬」という物を愛する女性にさせるため、稔は女子力を向上させようとし、徐々に内面も「女」になっていき、ついに「国民的カリスマ美人モデル」にまで登り詰めてしまう。
女を兼ねると書いて「嫌い」と読む。
満員のイベント会場、つまみ出される間際に順一が教えてくれたのは、菜々子が泣いていたということだった。
衣装やメイク用品を用意してくれていたのは彼女だった、「何してんだおれ」と稔は気付き、MINORIは失踪し、メイクをしない稔とも歩いてくれるようになった菜々子は、禁断症状は1か月後くらいからだと、今は一緒に歩いてくれる。

菜々子はようやく気付く。

あんなすてきな「彼女」 きっとどこにもいない。と!(笑)


お薦め度:★★★☆☆
女のコの「カラダ」って綺麗だと思いたいよねという「幻想」を、面白おかしく描いてくれました。
こういうのは好きです。みちる姉ちゃんが結果的に良い仕事してくれた。

巻末の『恋物語れ-Naked-』も、今回は「女のコのカラダ」が題材です。



にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 トラコミュ 漫画、マンガ、まんが、コミックへ
漫画、マンガ、まんが、コミック
にほんブログ村 トラコミュ 青年マンガへ
青年マンガ

【検索用】Unな彼女 楠桂 3
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『別冊ラブ★コン FANBOOK』 | トップ | 全て民主党のせいだ! »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おや! (笛巣田 真夜)
2010-11-13 15:17:22
いつのまにか完結していたのか・・

しかしなんという超展開・・・ここで完結まで持ってったのは掲載誌が休ゲフンゲフン・・・


ゲホッゲホッ (Wrlz)
2010-11-17 10:18:49
>笛巣田 真夜様

きっと編集部から「休ゲホッ からあとゲホッ回で終わらせて」とゲーホゲホゲホッ
ったのでゲホゲーホゲホゲホゲホッ でしょう。

※インフルエンザではありません。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

青年漫画」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。