アルバニトハルネ紀年図書館

アルバニトハルネ紀年図書館は、漫画を無限に所蔵できる夢の図書館です。司書のWrlzは切手収集が趣味です。

たばこを_

2009-09-23 | たばこ
 
ブログランキング・にほんブログ村へ


今、世界的に「たばこ」が喫われなくなってきています。
そんな中、たばこの楽しさ、魅力を発信し続けているブログがあります。
Pierre smokes every day.

私はPierreさんほど表現力が豊かではないのですが、何か自分にもできることはないだろうかと考え、ちょっと記事を書いてみました。

禁煙を考えている人達へ。禁煙することはいとも簡単です。病院に行く必要もありません。禁煙グッズに頼る必要もありません。
辞める前に、あなたは本当にこれまでたばこを「楽しんで」きたのか、振り返ってみて下さい。そしてあなたは本当に「自分の意志」で禁煙しようとしているのかということも自問自答して下さい。
国や医療機関、周囲の人間からの「まだ辞めないの?」という言葉は「洗脳」以外の何物でもありません。「健康のためにも辞めなよ」という言葉は思いやりなどではなく、ただの「偽善」の押し付けです。

「喫煙は文化である」という難しい話をするつもりはありません。喫煙マナーに関しても、これは守るのが当然の物なので、ここでは触れません。
もしかしてあなたは本当に美味しい銘柄を喫ってこなかったのかもしれません。だから世の中にはこういう美味しいたばこがあるんだということを、単に紹介するだけです。本当に美味しいたばこだけを自信を持ってご紹介します。
(一部パッケージで古い画像を使用しています)


【シガレット】
紙巻きたばこのこと。最も手軽に楽しめ、親しみやすい商品です。ライターで火を点けるだけで吸うことができます。値段はパイプたばこより割高で、シガーより割安という中間です。

・Peace

やはり我々は日本人ですので、日本のたばこを吸って欲しいという思いがあります。
日本が世界に誇れる、JTシガレットの最高峰です。薫り高いヴァージニアを使い、高級な味に仕上がっています。
10本入り150円、缶(50)800円。

・echo

「旧三級品」と呼ばれている銘柄です。一箱180円。これもJT産。勘違いしてはいけない処ですが、これは税率が低いから安いのであって、品質的に劣っているわけでは全くありません。

・GAULOISES

「Peace」が日本産シガレットの最高峰なら、フランスのシガレットの最高峰が「ゴロワーズ」です。320円。

・HOPE

専売公社が「シガレット新時代」を切り開いた逸品。この銘柄がなければ「hi-lite」の成功はなかったと言われています。
10本入り150円。


【パイプたばこ】
喫煙技術とたばこ葉の湿度管理が必要です。たばこの中で最も安く楽しめる物です。

・Momoyama

もともとは「桃山」という古くからあるJTブランドでした。現在はデンマークのMacBarenという会社が味を継承して作り続けています。元祖と全く同じ味ではありませんが、ラム酒をブレンドしたオーソドックスなイングリッシュミクスチャーです。元祖よりややマイルドになりました。
50gパウチ890円、100g缶1,800円。

・Asuka

これももとは「飛鳥」というJTブランドで、今はマクバレン製。ラタキアベースのイングリッシュミクスチャー。海外生産になって元祖の個性はやや損なわれましたが、親しみやすい味わいになりました。
50gパウチ1,000円、100g缶2,000円。

・Dunhill My Mixture 965

トップブランド「ダンヒル」の贈る、タバコの中のタバコ。50g1,300円。

・Sweet Dublin

着香系。アイリッシュウィスキーをブレンドしたデンマークのミクスチャー。50g900円。

他にも1缶3,000円以上するような銘柄もありますが、そういう物ばかり喫っているとシガレットより割高になってしまうので。


【シガー】
葉巻のこと。たばこの中で最も価格の高い物です。ドライシガーとプレミアムシガーに大別できます。
プレミアムシガーは湿度管理が必要です。家庭用のヒュミドールをお使い下さい。


・COHIBA Club

ハバナシガーの最高ブランド「コイーバ」の名を冠したシガリロ。
3,000円(20本)。

・FLOR DE COPAN

豊富なサイズと手頃感。コロナ550円、ロスチャイルド650円。

・PUNCH

甘さがありながらもしっかりした味わいです。
パンチパンチ1,600円。

・Bolivar
(画像なし)

強く、重い、どっしりとしたシガー。発音は「ボリヴァー」ではなく「ボリバー」(BとVは音として区別されない)。
コロナスエクストラ1,700円。

・Rafael Gonzalez
(画像なし)

シガーが「時間と共に味わいが変わっていく」ということが実感できる、楽しく贅沢な一本。
ペティコロナス1,200円。


他にも手巻き、刻みなどのたばこがありますが、私はあまり詳しくないので割愛します。
シガーに関してもまだまだ勉強不足です。
伝えられる人間になりたい。


↓自分の意志を持とう
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
にほんブログ村 トラコミュ 煙草、タバコ、たばこ!へ煙草、タバコ、たばこ!
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『今日も明日も。』第4巻/絵夢羅 | トップ | 『ヴァンプ-吸血の徒-』/高河... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
感想 (会長)
2009-09-23 17:03:58
シンプルで、説得力のある記事ですね。

感心しました。
ありがとうございます! (Wrlz)
2009-09-23 17:21:03
>会長様

こちらのブログでは初めましてですね。
会長様から直々にコメントが頂けるとは光栄です!

「たばこは美味しい」、それだけはとにかく伝えたかったんです。
Unknown (Jing*3)
2009-09-23 20:14:00
私は基本シガレット、ときどきシガーですが、やっぱりWrlzさんはタバコを楽しんでらっしゃるなぁとしみじみ思いました。

周りに迷惑がかからないように、というのは基本だとは思うのですが、周りが言うから喫煙自体をやめよう、というのは何か違うと思うんですよね。
私の周りにも、「俺はタバコをやめたからお前もやめろ」、とか、「喫煙者は社会的害悪」、などという人間がいます。

ときどきいますが、中でも「タバコを呑んだら人間失格」的なことをいう人たちは何なのかと。
私の周りで一番の強硬派の方はいわゆる「腐女子」の方で、趣味で人格が否定されることを嫌がるような人間なのに、他人の趣味には否定的。
それってどうなんだろうなぁ…。
JT「桃山」 (Wrlz)
2009-09-23 21:36:04
>Jing*3様

喫煙=悪。喫煙=病気。という社会的風潮が何より嫌なんですが、愚痴っぽくなく前向きな記事にしようと思って書きました。
近年急増している「禁煙外来」とか、禁煙目的の「電子タバコ」が巷に溢れている様は何なんだと(笑)
「たばこは楽しい」ということが伝わるといいんですが。

実はパソコンラックの周りを先日大掃除したらJT時代の「桃山」の未開封パウチが一個、机の向こう側に落ちていたのを発見したんです。缶のほうは残り1缶でもったいなくて開けられなかったんですが、吸いきってしまったと思ったのが50グラム出てきて嬉々としてジャーに移しました。
ああー、この味懐かしいなあという。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。