アルバニトハルネ紀年図書館

アルバニトハルネ紀年図書館は、漫画を無限に所蔵できる夢の図書館です。司書のWrlzは切手収集が趣味です。

金(きん)に替えている人々

2011-08-14 | daily

にほんブログ村 コレクションブログへ


 「世界同時株安」と呼ばれる物への恐れからか、資産を金(Gold)に替えている人が多いという報道を目にした。
特に意味はないが、「金箔」(必ずしも純金ではない)を使っている切手を何枚かスキャンして、この記事には配置した。例えばこれは金の金(きんのキム)という、存在自体がダジャレのような切手である。

(画像はクリックすると別ウインドウで拡大される)

 ところで何年も昔に、私はmixiに「イーバンク不信」という日記を書いたことがあり、それが少しウケた。昔の文章なのでここには転載しないが、この地球上で本当の意味で「財産」と呼べるのは「飲み水」と「食料」および「呼吸可能な空気」である、という内容だった。



 私は「投資」をしない(できない)人間だ。銀行口座の残高にわずかな「利子」が付くのは投資と云えなくもないが、私は自発的に投資をすることはない。その理由には「どうせオレなんかに投資のような難しいことはできませんよ」という諦めもあるが、私は心のどこかで「投資」を「職業」だと思っていない。確かに「投資家」という職種は存在するが、少なくとも投資は狭義の「産業」ではない。一方、警察官や消防士のように、"industry"という意味での産業ではないが、世の中にとって必要不可欠な職業もある。



 第一次産業、第二次産業、第三次産業の分類とその定義は、私たちは何となく学校で習っている。大まかに書くと、作物を育てたり漁などをして地球から直接収入を得るのが第一次産業で、その産物を加工して新たな商品を産むのが第二次産業で、先の二つを前提として成り立つのが第三次産業であるはずだ。今ブログを書いている私が使用しているネット回線やgooのサービスは第三次産業で、使っているパソコンは第二次産業の産物で、文章を書いている私という個体は、根本に立ち返れば第一次産業によって得られた食料で維持されている。



 それはさて置き、私は本屋や通販で漫画をたくさん買う。作家→出版社→店舗→読者と、漫画が消費者に届くまでには、原稿を描く漫画家から始まり、紙やインクなどの原材料を造る業種、物を運ぶ業種、売る業種、店舗に電力などのエネルギーを供給する業種など、様々な「産業」が関わっている。こう書くと、投資というのは単に「カネをある場所からある場所へ移動」させるだけで利益を得る行為で、何かを産み出したり提供する「産業」ではないように思えてくる。
ところが書店や運送業などを経営する企業の多くは「株式会社」であり、投資家が株に投資することによって資本を得ている。日本円という通貨の価値を左右するのも投資家である。どういう仕組みになっているのか私には理解できないが、企業や通貨やサービスの価値を高めたり低めたりする、特殊な才能を持つ人々が、この世界の見えない部分を動かしている。



 そして、おそらく「投資」をする人間がいなくては世の中は回らない。それでも私は投資を、世の中にとって必要な仕事ではあるが、「産業」だとは思わない。投資家と呼ばれる人々は、「私に理解できる形」で何かを産み出したり何かを提供しているわけではないからだ。
ただ、テレビの映像で見たある投資家の姿は、「重労働」と形容されるべき物であった。机の前に6つか7つ以上のパソコンのモニターがあり、株価や円相場の推移のような物がリアルタイムで映っていると思われるそれらを、四六時中注視しながら資産を運用する作業は、とてつもない労力を伴うだろうなと感じた。



 ちなみに私は切手収集が趣味だが、自分が気に入った物を集めるだけで「儲かった」ことなど皆無なので、投資の才能は全く持っていないと思う。この記事に並べた切手にも、「買った時より高く売れる物」は多分一枚も含まれていない。コレクションというのは最終的には「集めている本人にとっての価値」しか持たないので、集める理由を問いただされたら、コレクターは「別に儲からなくてもいいんですよ」と開き直るしかないのだ。


【追記】 7月28日に発行された日本の金箔切手を紹介している記事(→こちら)を見付けました。


にほんブログ村 コレクションブログへ
にほんブログ村 トラコミュ 切手収集へ
切手収集
ジャンル:
コレクション
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『ベリー ダイナマイト』を熱... | トップ | 『河原和音 長編読みきり傑作... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
日本国際切手展2011 金箔切手発行 (三十路男の失敗日記)
7月28日~8月2日に開催される、「日本国際切手展 2011」を記念して 切手シート3種類が発行されました。 浮世絵の80円切手10枚シート(葛飾北斎・富嶽三十六景)と、80円シール式切手のシート (ドラえもんや、ポケモンが図柄)、それとこの金箔押しシートの3種。 この金....