アルバニトハルネ紀年図書館

アルバニトハルネ紀年図書館は、漫画を無限に所蔵できる夢の図書館です。司書のWrlzは切手収集が趣味です。

『女王様の白兎』第1巻/音久無

2012-02-17 | 少女漫画
 
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ


私は
誰かと「仲良く」したことがない
その方法がわからないのだ
教えろ雪兎!

(レイシーから雪兎へ)


 読んでいてほくほくする、音久無さんの新作。
 前作『花と悪魔』と重複しないように意識しながら変えている部分と、意図的に前作を(良い意味で)踏襲している部分が感じられて、一話目から引き付けられる。
 無条件に「ヒロインの幸せ」を願いたくなる。そういう魅力は前作と共通している。ところが、どういう状態が訪れれば本当の意味で「ヒロインが幸せ」になるのかは、その背景や人間関係が複雑なので、物語の展開を追うのが楽しみ。

 本誌で読んでいた時は、レイシーの可愛らしさに目を奪われていたけれど、単行本で読み返すと雪兎も魅力的なキャラだ。姉たちから逃れて「平穏」を手に入れたかった雪兎は、それをようやく手に入れた高校生活の中で、「好きな子」もいないし、誰かを好きになろうともしていなかったのかもしれない。『水戸黄門』の再放送を見るのが日課(?)で、勉強も家事もそつなくこなし、今まさに願っていた「平穏な日々」が叶っているのに、何か満たされないものがある。レイシーだけではなく、雪兎自身の「本当の願い」が何なのかも描かれていくのだと思う。
 下町を見下ろすようにそびえ立つスカイツリーもなんだか良い。


episode.1扉カラー(花とゆめ平成23年17号)


episode.2扉カラー(18号)


花とゆめ平成23年17号表紙



お薦め度:★★★★☆


にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
にほんブログ村 トラコミュ 漫画、マンガ、まんが、コミックへ
漫画、マンガ、まんが、コミック
にほんブログ村 トラコミュ 少女マンガへ
少女マンガ

【検索用】女王様の白兎 音久無 1
『マンガ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« イマーム | トップ | 『さよなら絶望先生』第二八... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。