アルバニトハルネ紀年図書館

アルバニトハルネ紀年図書館は、漫画を無限に所蔵できる夢の図書館です。司書のWrlzは切手収集が趣味です。

『星は歌う』第6巻/高屋奈月

2009-09-21 | 少女漫画
 
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ


優しくしたいと思った

        たまらなく


登場人物が皆、決して幸せではなくむしろ辛いものばかり背負っていて、それなのに優しい。その優しさがまるで奇跡のように思える、奇跡のように優しく美しい物語です。
誰もが最初から優しかったわけではなく、ユーリはサクを卑屈だと見下していて、不幸に「酔って」みたかったせーちゃんはサクに物珍しさから近付いたのが出会いで、計り知れないような絶望を味わってきたチヒロは全てを拒絶していた。その人達が今これほどまでに優しいからこそ、その優しさが本物だと分かる第6巻です。
私は第1巻から順に買い続けて連載も読んできているんですが、最初はどんなお話なのかも彼等が何を考えているのかも分からないような謎だらけのまま始まり、ここまできてようやく何を描いているのか見えてきたところです。
無条件にチヒロの全てを受け入れるサクの想いは、せーちゃんのサクに対する絶対的な愛情と似ています。
先日第1巻から第5巻までを通して読み返したんですが、その時は気付かないような伏線が張り巡らされていて、後になって「ああ、これはここに繋がるのか」という発見がかなりありました。


せーちゃんから、葵くんには東京に相手がいると明かされて凍り付く空気。そんなせーちゃんを「おまえ最悪」と罵るユーリ。自分は聖やサクに教えてもらったことがあるのに、それは違ったのかと。サクは千広の過去を勝手に読んでしまった自分を最低だと責める。
(夜の校舎が似合うなって思ったのは、静かで、とり残された、止まった世界に今もいたからなんだね。そんな君に、あたしは、何ができるだろう)。

ユーリはチヒロ宅に押し掛け、このままフェードアウトする気なのかとチヒロをひっぱたく。サクに会いに行け、今すぐ会いに行けと。

馴染んでるフリ、生きているフリをしていただけのチヒロは、落ちそうになっても大丈夫と自分に手を差し伸べてきたサクの笑顔を思い返す。
(それでも笑う君はいた 殴りつけるような痛みにあってなお 君は信じてるの? 優しい世界は 確かに あると)。

チヒロがサクに会いに行くと、ユーリの言ったとおり、本当に笑った。資料を読んでしまったことを平謝りするサク。久しぶりに桜の顔を写真で見て、あの絶望が甦る。「触るな!!」とチヒロが拒絶した弾みで海に落ちるサク。"ここ"は嫌だ、疲れたと、子供の時以来初めて人前で泣いたチヒロを、「……それが 全部で "千広くん"」と笑って許してくれるサク。

せーちゃんは訪ねてきたサクに絶対に謝る気はないと言う。謝ってほしくて来たんじゃないと答えるサク。




それでも自分は千広くんと距離をとったりしない、彼を独りにしたくない、またこの世界に独り置いていったりしたくない。ただそれだけのために側にいるとサクは答える。その決意を聞いて、サクが傷ついて泣くのが恐いと泣くせーちゃん。自分は側にいるだけで何も出来ない、「でも… 側にいてくれるじゃない いつも…」。世界に独りぼっちと思わないでほしいというせーちゃんの気持ちは、こんなにもサクに伝わっていた。
何の見返りも求めずにチヒロの側にいるというサクの想いと、自分だけは何があってもサクの味方だと側にいるせーちゃんの気持ちがやはり似ていると思います。

生まれてこのかた謝ったことの無いせーちゃんがチヒロに詫びる時の高飛車ぶりになんだか救われます。


第31回カラー扉(『花とゆめ』6号)


第33回カラー扉(9号)



お薦め度:★★★★☆
絵があまり上手くないのでつい忘れがちですが、高屋奈月さんって実は漫画家になってかなり長い方なんですよね。デビューは1992年。絵が下手というより「不親切」な絵でしょうか。
『フルーツバスケット』はあまりにも名作すぎましたが、この作品も前作に負けず劣らずの素晴らしい作品になると思います。完結してからまとめて読んだほうがいいような気がしていたんですが、第6巻はかなり物語が見えてきた処なので、これからも1巻ずつ買い揃えていきます。


↓凍えてしまわぬように
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 トラコミュ 漫画、マンガ、まんが、コミックへ
漫画、マンガ、まんが、コミック
にほんブログ村 トラコミュ 少女マンガへ
少女マンガ

【検索用】星は歌う 高屋奈月 6
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『オトメン(乙男)』第9巻/菅野文 | トップ | 『今日も明日も。』第4巻/絵夢羅 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
フルバ (さっとん)
2009-09-21 13:27:39
なんとなく絵がニガテで読んでないんですよねぇ。
読んだ方はだいたい面白いって言ってるから
名作なんでだとは思うんですが・・・。
Unknown (Jing*3)
2009-09-21 20:37:32
「ああいう男はね~」のくだり、ドキッとしました。
うーん、やっぱ恋愛系の二次創作やるなら少女マンガももっと読まないとダメかなぁ。
高屋奈月 (Wrlz)
2009-09-21 23:02:27
>さっとん様

すごく取っ付きにくい絵ですよね(笑)
漫画自体も慣れないと読みにくいですよ。コマ運びとか、フキダシの読む順番とかが他の作家さんとあまりに違いすぎる部分が多くて。
お話が素晴らしくなければ許されない読みにくさだと思います。
『フルバ』は第1巻と最終巻で絵柄がかなり変化しているので尚更です。「え、この人誰?」みたいな(笑) でも名作ですよ。
少女漫画 (Wrlz)
2009-09-21 23:04:26
>Jing*3様

『星は歌う』は『花とゆめ』連載ですが、恋愛色の強い少女漫画だと『別冊 マーガレット』とかおすすめですよー。
つーか星歌の第1巻は新品をあげたじゃん。続きを読んでよ!(笑)

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。