アルバニトハルネ紀年図書館

アルバニトハルネ紀年図書館は、漫画を無限に所蔵できる夢の図書館です。司書のWrlzは切手収集が趣味です。

『花と悪魔』第8巻/音久無

2010-08-24 | 少女漫画
 
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ



ついに、はながビビに「プロポーズ」するという、最大の見せ場を迎えました。
ここに至るまで、愛おしい展開がたくさんありました。150年に一度の満月を一緒に見て「ずっと一緒にいる」と願掛けをする(第1巻)、フェルテンを追いかけてきたエリノアに「はなとビビ もう結婚してるのかもしれない!」と無邪気な返答をする(第2巻)、そしてモーリッツの術が解けて元に戻ったはなちゃんが、思い出した恋心を隠し通そうとする。

病で死ぬかもしれない魔王の要求を呑んで、許嫁と結婚することを決めるビビ。それを知ったはなちゃんがなぜ泣いているのか理解できず、ビビは菖蒲さんと椿に「最低だ」と一喝される。本心をぶつけろと手を引いてくれたのは桃。
エリノアはこれでやっと彼女の手伝いが出来るとはなを優しく抱きしめて、はなちゃんはビビを「奪い取る」ために皆と共に魔界に乗り込む。
全員が、はなとビビの幸せを願ってくれている。ビビはそれに対して、ローゼマリーとの婚約を解消することで応える。
ローゼマリーの二人の従者が聞かせてくれた、家を復興させるために心をかき乱されてきた主人の姿。
episode.45を読んだ時に、私の中でローゼマリー様の株は急上昇しました。
ビビがローゼマリーとの婚約を解消する箇所に関して、オトコでも読める少女マンガのいづきさんが素晴らしい記事を書かれてます→記事

そして人を好きになったら綺麗ごとだけでは済まないのだと、自分の恋は魔界の運命も左右してしまうのだと知ったはなちゃんは、それでも衛兵を振り切り、魔王も見ているその眼前で、ビビにプロポーズする。

しかし次期王を待望する魔界の危機は、大悪魔と人間の少女が結ばれることを許してはくれない。


第42話カラー扉(『花とゆめ』2010年2号)


第46話見開きカラー(7号)



お薦め度:★★★★☆
本誌では完結間近です。きっと愛おしさに満ちた、傑作として完結する。そう信じてます。
150年に一度の満月を見て「ずっと一緒にいる」と願った、その願いを貫き通すお話になるのか、それとも…。いずれにしても楽しみです。



にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へにほんブログ村
にほんブログ村 トラコミュ 漫画、マンガ、まんが、コミックへ漫画、マンガ、まんが、コミック
にほんブログ村 トラコミュ 少女マンガへ少女マンガ

【検索用】花と悪魔 音久無 8
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« グーる | トップ | 縦書き文章の中の英数字 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。