アルバニトハルネ紀年図書館

アルバニトハルネ紀年図書館は、漫画を無限に所蔵できる夢の図書館です。司書のWrlzは切手収集が趣味です。

『貧乏神が!』第5巻/助野嘉昭

2009-12-05 | 少年漫画
 
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ


貧乏神変身事件が収束して数日
(結果として私が紅葉を元の姿に戻しちゃったんだけど…)
またしても騒がしい日常が帰ってきたワケで


第5巻もギャグが天下一品。そして市子の「成長」が見られます。

諏訪野からの手紙の追伸を読み、突如「自炊」に挑戦する市子。台所は2分で異臭たちこめる廃墟に。そこに現れた、紅葉の貧乏神仲間、黒百合(くろゆり)。しかしこの料理対決の1話で消えるので、黒百合のエピソードはムダだったような気もします。「自分が作ったものを皆が美味しいって食べてくれたら嬉しいだろうなっていうのはわかるよ」と言うようになったのは市子の一つの成長です。

これまで色々と新キャラが出てきましたが、幼少の頃から石蕗のストーカーをしていた、実は連載第1回目からコマの隅に時々描かれていた、市子たちと同じクラスの艶光路撫子(あでのこうじなでしこ)の登場でレギュラーメンバー勢揃いのようです。
サッカーの試合に出場している石蕗を応援していて、謎の刺客に命を狙われる市子と嵐丸。「私の石蕗様」になれなれしくする二人を歯ぎしりして睨み付ける撫子を見た紅葉は、彼女の恋路を応援すると言い寄る。そして撫子の家に招かれた紅葉は、幼少の頃からの膨大な量の被写体は石蕗ストーカー写真に唖然とする(笑)
テニス対決したのにすっかり忘れられている、従兄の紫苑を騙して撫子の家に殴り込んでくる市子と嵐丸。ところが財力に物を言わせた撫子のストーカー行為に「…… …す すご…」と感心する市子。「普通はもっとこう…」とつっこむ嵐丸だが、人間嫌いだったためにその「普通」が分からない市子。

市子ってピュアじゃん(笑)

そして自分の16歳のお誕生日会で、強引に招いた石蕗に大衆の面前で一世一代の大告白をする撫子。
「好きです! 私と… 是非私と−−…
結婚して下さい!!」。
「いや… それは無理」。
「俺ら今日初めて喋るよな?」と石蕗の記憶に残っていなかった撫子! しかし市子と嵐丸は「言った…」「言いやがった…」と感涙にむせぶ。会場に鳴り響く拍手!
翌日から二人に「恋愛の師匠」呼ばわりされる撫子。しかし家のしきたりに背こうとした撫子は僕殿(ぼくどの)と自称するボンクラの許嫁スネ梶郎(すねかじろう)と結婚するため転校することに。
撫子の母は、以前の嵐丸の父のような、正に市子がこの世で大っ嫌いなタイプ。お家の繁栄が第一、自由だの個人の幸せなど感じていないと言う母に、「だから娘に与える必要もないっての!?」と激怒する。飛行船で僕殿と飛び立っていってしまった撫子を追いかけ、紅葉に幸福エナジーを使う選択を迫られる。
強がって助けなんか要らなかったと言う撫子を挑発する市子。

「本当のあんたの 答えを聞かせてよ!」。
せめて一言、名前だけでも自分から告げたかったと泣き崩れる撫子。僕殿の威嚇射撃(アホですか!)で船体に穴が空き、幸福エナジーのおかげで海に軟着陸する飛行船。
その頃、妹の梨香の言葉で昔一度だけ遊んだ女の子のことを思い出し、撫子の家へ向かって走り出す石蕗。やっと自分の名前を告げられた撫子。そして脳内で都合のいいシミュレーション!


すっかり調子を取り戻した撫子。恋のライバルの出現に、市子は「みんな楽しそうだし あれはあれでいいじゃん!」と明るく幸せそうに笑う。←ここ重要。
1話ごとに、最後のコマがボビーの強制送還から逃亡に至るまでの小ネタです。

第5巻は巻末に『週刊少年ジャンプ』平成20年49号掲載の場外Round!を採録。時間軸としてはRound1!とRound2!の間という読み切りです。「首吊ルーラ」って縄、瞬間移動道具だったんですね(笑)

お薦め度:★★★★☆
紅葉お姐様って貧乳で素敵!(笑)
…じゃなくて、大切なことを市子に教えてくれる存在です。
助野嘉昭さんは最初から上手い人でしたが、ますます磨きがかかってきましたね。


にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 トラコミュ 漫画、マンガ、まんが、コミックへ
漫画、マンガ、まんが、コミック
にほんブログ村 トラコミュ 少年漫画へ
少年漫画

【検索用】貧乏神が! 助野嘉昭 5
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『花とゆめ』2010年1号 | トップ | 『週漫スペシャル』2010年1月号 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。