アルバニトハルネ紀年図書館

アルバニトハルネ紀年図書館は、漫画を無限に所蔵できる夢の図書館です。司書のWrlzは切手収集が趣味です。

『こちら葛飾区亀有公園前派出所』第168巻/秋本治

2010-02-07 | 少年漫画
 
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ



『演歌の逆襲の巻』
「見るテレビなんにもな〜い」と嘆く部長。ワケの分からない歌とお笑いばかりになってしまった平成のテレビのために両さんが復活させたのは、昭和の演歌!
そしてスカイツリーに次ぐ第三の電波塔。アナログテレビがそのまま見られる昭和の放送局。


『最新鉄道模型の巻』
熟年を中心に売れている、29万円の鉄道レイアウト。「ばか! 高くない」と麗子を怒鳴りつける両さん。NゲージとHOゲージの違いを熱く語って引いてしまう一般人(笑)

最近の麗子はすっかり「男のロマンを理解しない女」という役回りですね。


『難攻不落城の巻』
部長が道楽で所属している城の会。図面だけできてしまった、難攻不落の「平成千葉城」。
その夢を形にしてくれるのが両さん。しかし今回は城博士の部長の注文が多い。
取材と称して日本のあちこちで美味しい物ばかり食べてしまう両さん!(笑)


『両さんの浅草ガイドの巻』
社会の見学のテーマなので遊園地に行きたいと言い出すレモン。下町の遊園地なら「花やしき」と張り切って案内する両さん。変わらないようでいて、少しずつ変わっている昭和の情景は寂しい。

『山手下町東京ガイドの巻』
外国人の東京観光の案内。山手観光は中川・麗子班、下町観光は両津・本田班が担当。しかし手違いで入れ替わってしまうのはお約束。「花やしき」という名前が出てこなくて「ゴミ屋敷」と言ってしまう中川、「だってワインは喉越しだろ!?」と高級ワインを一気飲みしてしまう両さん。

おあいこですね(笑)


『就職サバイバルの巻』
中川の会社が開発した就職シミュレーション。みんな大学2年生からスタートして、学力も個性も容姿も平等だとどうなるか!?
部長がモデルになり、中川がリストラされる、あり得るようなあり得ないような現実(笑)


『対ロボット野球の巻』
両さんの荒くれチームと野球対戦するのは中川機器のロボットチーム。『こち亀』らしかったけどオチが読めてしまったのは少し残念。


『過去への砂時計の巻』
再び天国警察の素本(すっぽん)の珍発明。「天国砂金」で作られた砂時計は時を戻す。ただし1分計なので戻る時間も「1分間」。使い道がないとキレかかり、やはり使ってしまう(笑)


『歌舞伎の花道の巻』
署長と歌舞伎を見てきたと得意満面の部長。君(ちみ)のは庶民の落語だろと見下される両さん。
年に20回は歌舞伎を見ている夏春都とレモンの指導ですっかり歌舞伎通になり、部長を見返す。
歌舞伎座が無くなろうとしていた時にこういうのを描いてくれたところがやはり『こち亀』。
「歌舞伎座が残らなくても歌舞伎が残れば良い」とも言われましたが、「ジャンプが残らなくてもマンガが残れば良い」というのは言い過ぎでしょうか?


お薦め度:★★★☆☆
相変わらず『こち亀』の楽しさ満載。ただし、「オチが読めてしまう」のが2本あったので1つ減らして3つ星。


にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 トラコミュ 漫画、マンガ、まんが、コミックへ
漫画、マンガ、まんが、コミック
にほんブログ村 トラコミュ 少年漫画へ
少年漫画

【検索用】こちら葛飾区亀有公園前派出所 秋本治 168
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 気合い | トップ | パソコンとウンコの関係 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Jing*3)
2010-02-07 20:07:40
HOでシーナリー(風景)も完璧に作ってあるなら、サイズによりますが29万円は高くないと思います(笑
ああ、物欲を抑える薬はどこで売っていますか(笑
 (Wrlz)
2010-02-07 21:03:39
>Jing*3様

この話の元ネタになったであろう鉄道レイアウトのテレビCMを見ましたが、「29万円の価値はあるな」と思いました。
物欲、いいじゃないですか(笑)

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。