アルバニトハルネ紀年図書館

アルバニトハルネ紀年図書館は、漫画を無限に所蔵できる夢の図書館です。司書のWrlzは切手収集が趣味です。

『電撃デイジー』第7巻/最富キョウスケ

2010-09-15 | 少女漫画
 
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ


DAISY
兄を殺した人は
許せない
消えてください


「アキラ」の出現で急展開しました。
いつものように照がバス登校する、当たり前の朝の光景、そこにいた顔を隠した男。初キスはどんな物なんだろうと意識し始めた照は唇を、待ち伏せていたその男にむりやり奪われてしまう。

泣いて部屋に閉じこもる照。理子さんのアドバイスで、黒崎とDAISYが同一人物だと知っている照が、そのことを知られていると分かっているDAISYにメールを送る。
いつものような優しい文面に照が安心していると、改行された下のほうに更に続く文章。

「というのは嘘です」

更に改行すると

「今すぐ 君のところに行ってキスしてやりたい
どこかの子供(ガキ)の下手くそなキスなんか
一瞬で忘れさせてやれるのに」

隣の部屋では、「黒崎」と「DAISY」の使い分けができなくなった男が赤面して自分を殺してくれとのたうち回っていた(笑)

迷子には絶対にならないという奏一朗の言葉を最愛の少女の口から聞いた黒崎は、「とても大事な話」があると、次の日曜日に出かけようと彼女を抱きしめる。時が訪れたという不安と、デートを楽しもうと揺れる照。
しかし当日、荷物を預けた隙に照は携帯を奪われ、制御コンピュータをいじられた観覧車に呼び出される。目の前に現れた「アキラ」は、手にした携帯にはパスワードが入力してあると言い、それを奪った照は騙されてDAISYを見限るメールを送信してしまう。

森千春に呼び出された黒崎。自分の仕えるお姫様は生涯誓って一人だけだと観覧車を再駆動させ、照に正体を知らないふりをしてくれたことに感謝するメールを残し、姿を消してしまう。



お薦め度:★★★☆☆
スタンガンで気絶されられるまで泣き続けた最後の照が切ない。
森千春に再会した時の黒崎の第一声が失礼すぎて笑った。
「整形した?」。

黒崎が奏一朗を「殺した」という認識。そこがどうまとまるのかに注目しています。
お互いの正体を「気付いていることを気付いていないふり」をもはや続けられないという、その先が楽しみです。


にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へにほんブログ村
にほんブログ村 トラコミュ 漫画、マンガ、まんが、コミックへ漫画、マンガ、まんが、コミック
にほんブログ村 トラコミュ 少女マンガへ少女マンガ

【検索用】電撃デイジー 最富キョウスケ 7
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「犯人は私じゃないです」。 | トップ | 敬老の日 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは! (yuyu)
2010-09-17 21:32:18
>Wrlzさん

うまくまとめていらっしゃいますネ。
今後の展開、楽しみです!(^-^)

>「というのは嘘です」

の以下のメール文、スゴかったです!
黒崎とDAISYのギャップが面白過ぎです(^o^)
第8巻も予約済み (Wrlz)
2010-09-18 10:00:57
>yuyu様

あのメールは爆笑物です(笑)
私は「辿り着くのを諦めないうちは迷子じゃない」という、照の兄の言葉がすきです。

いやー第8巻が楽しみだ!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。