アルバニトハルネ紀年図書館

アルバニトハルネ紀年図書館は、漫画を無限に所蔵できる夢の図書館です。司書のWrlzは切手収集が趣味です。

『こちら葛飾区亀有公園前派出所』第166巻/秋本治

2009-09-04 | 少年漫画
 
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ


本屋ではなく、今朝コンビニで買ってきました。『こち亀』と『ワンピース』は必ずコンビニにも入荷する。すごいよね。
第165巻が出たのが先月なので、2ヶ月連続で新刊が出てます。単行本未採録分が溜まっているんです。


『誉めて伸ばせの巻』。
部長の「ばかもの!!」からスタートですが、今回はいつもと違います。子供の頃から叱られ慣れている両さんは叱るより誉めた方が仕事をする。北風と太陽です。
しかし六本木の高級キャバクラのママさんの聞き上手誉めテクニックを知ってしまうともうどんなに誉められても喜べない(笑)
絶えず1位で怒られたことがなく、挫折も知らない中川と麗子。幹部の扱いがひでぇっ!


『リトライ修学旅行の巻』。
両さんが幹事で企画した秋の旅行は中学生時代の「京都の修学旅行」の再現。
全部リアルすぎる。懐かしいなこれだよという。怖い先生役は早矢のお父さん、磯鷲剣之介。「これやったよやった!」ってのが一杯。スリル、縛られた自由。大人になると忘れてしまいますね。懐かしかった。


『マイ・フェイバリット・カフェの巻』はメイド喫茶に飽きてそこから派生した奇想天外なカフェが次々登場、最後に結局メイドカフェに戻ってきます。
ねこカフェの存在は知ってます。いぬカフェも私が知らないだけできっと存在するんだと思います。さるカフェは実在するのかどうか果てしなく怪しい(笑)
戦車マニアと戦車ファンの線引きは微妙ですね。戦闘機を見て癒されるというのも誤解されそう。


『いいわけ両さんの巻』。この巻で一番面白いかもしれない。『がんばれ麗子の巻』と甲乙つけがたいんですが、「理屈抜きの面白さ」ではこちらに軍配ですね。
遅刻をした理由が地球温暖化。それからCO2
必死に微塵も説得力のない言い訳をする両さん、最後まで冷静につっこむ部長。静かな部長が逆に怖いよ(笑) 爆笑物です。ダメだ…5回以上読み返してまだ爆笑できる笑い死ぬ!

これと甲乙つけがたいのが『がんばれ麗子の巻』。
会社で「二世会」の会長に選ばれた麗子が、『ガムダン』について教えて欲しいと両さんにこっそりお願い。しかしそもそもロボットアニメに興味がない麗子。両さんの指南で長けている「記憶力」だけを駆使してガムダンマニアときちんと会話できてしまう麗子。

「付け焼き刃の知識でガンダムマニアと対等に会話ができてしまう」という最高のギャグに仕上がってるんですが、『マクロス』も少し混じってますね。秋本先生は両方知ってるんじゃないでしょうか。さすが元アニメーター。


『やってきた3人組の巻』は別の意味ですごく良かった。
トン・チン・カンの3人組が昭和38年から2008年にタイムスリップしてきてしまうお話。展開はギャグのそれなんですが、電極+と出会った少年時代の両さんが「未来には夢がある」ってハッキリ言うんです。これってすごく純粋で、とても大切な気持ちですよ。心に染みました。


『ジャンプ40年史の旅(前編)の巻』と『逆スピンオフの巻』と『ジャンプ40年史の旅(後編)の巻』がきちんと繋がってます。第166巻の表題が『ジャンプ40年史の旅の巻』です。これは一週間一話ずつ掲載されたんじゃなくて、『週刊少年ジャンプ』平成20年49号に一挙に50ページ掲載されたようです。
『週刊少年ジャンプ』40周年記念パーティーのために両さんが絵崎教授の作ったタイムマシーンで40年分、1987冊の『ジャンプ』を買いに行きます。ギャグとエロをしっかり入れながらジャンプ40年の歴史が分かる貴重な前後編です。
前編と後編の間に『逆スピンオフの巻』があって、逆に両さん以外の登場人物がいなくなりますが、それもネタとして前後と繋がります。

40年前どころか、30年前の物でも名前すら知らない作品があります。『コブラ』と『Dr.スランプ』と『まじかる☆タルるートくん』は持ってます。『ハレンチ学園』『ど根性ガエル』『キン肉マン』『キャプテン翼』『キャッツ・アイ』『北斗の拳』『ジョジョの奇妙な冒険』『ろくでなしBLUES』『魁!!男塾』『聖闘士星矢』『ハイスクール!奇面組』『DRAGON BALL』『電影少女』、この辺は借りて読んだことあります。最終巻まで借りられたのは『キャプテン翼』だけかな。アニメで見ていた作品もありますね。『ONE PIECE』はまだ第1巻しか読んでない(しかも歯医者の待合室で)。誰か貸してくれ。あとは名前すら知らない。
漫画の歴史は果てしなく深い。この世に存在する漫画作品の多さを知る度にいてもたってもいられなくなります。



お薦め度:★★★★☆
「漫画は面白い」ということは、漫画を読んでいる人は皆、当たり前のように知っています。しかし漫画を読んだことがない人にそれを伝えるのはすごく難しいんです。読んでもらえば分かってもらえるのに! どんな人でも楽しめる『こち亀』ってそういう処でも存在意義があるよねと思うのです。


↓40年っておそろしい
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 トラコミュ 漫画、マンガ、まんが、コミックへ
漫画、マンガ、まんが、コミック
にほんブログ村 トラコミュ 少年漫画へ
少年漫画

【検索用】こちら葛飾区亀有公園前派出所 秋本治 166
ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オタク手当て | トップ | 『花とゆめ』19号 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
くそう、出遅れた (Jing*3)
2009-09-04 19:30:05
地方なのでまだ買えておりません…。
くそう、見たいなぁ…!
面白いよー!! (Wrlz)
2009-09-04 20:25:17
>Jing*3様

めっちゃ面白いです。
第164巻辺りからどんどん面白くなってきましたね。
Unknown (Jing*3)
2009-09-07 15:25:44
風邪で寝込んでるので母親に買ってきてもらいました(笑

うん、こりゃ面白い。
最近昔のようにまた面白くなってきたのでうれしいです!
地球温暖化 (Wrlz)
2009-09-07 16:37:45
>Jing*3様

入荷が遅れたのは地球温暖化が原因です。
日本全国の人が発売日に『こち亀』を手に入れられるためにはまずマイ箸を持つ。それからレジ袋をもらってはいけない(笑)
Unknown (Jing*3)
2009-09-07 21:24:43
ほら、その辺は「宮爆」が…。
ガムダン (Wrlz)
2009-09-07 22:36:17
>Jing*3様

汚野「きさまガムダンに詳しいと以前言ってたな 本当か!!」(笑)

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。