アルバニトハルネ紀年図書館

アルバニトハルネ紀年図書館は、漫画を無限に所蔵できる夢の図書館です。司書のWrlzは切手収集が趣味です。

『虎と狼』第2巻/神尾葉子

2010-11-10 | 少女漫画
 
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ


最も有名な『花より男子』を未読なんだけど、これは文句なしに面白いです。

河田や宇都たちに閉じ込められた事件以来、オオカミを「イヤな人」とは全く思わなくなるミー。オオカミはトラの才能を心から愛しており、美術部顧問になったトラに群がる「メス猫」どもからトラを守れとオオカミに命じられ、ミーも美術部に入部する。
絵を描く気が全くない女子たちの中で、八戸弥生(はちのへやよい)さんだけがミーのことを「ミー」と呼びたいと、親しく話しかけてくれる。自分だけの場所だと思っていた世界に入り込もうとする八戸さんにミーは最初は戸惑うが、彼女が真剣にトラに恋しているのだと知ると同時に、オオカミから言われた「トラはだめだぜ やめとけ」という言葉が引っかかってしまう。

「……どーしても知りたいか?」と尋ねられ、知りたいと答えたミーがオオカミから聞かされる、トラは人の気持ちの受け取り方がわからない人なのだという例え話。
その話を、自分を「友達」だと家族に紹介してくれた弥生ちゃんにミーは言えず、それを最初に聞いていてもやはり告白していたと答える弥生ちゃん。二人がようやく友達になれて、手を繋いで一緒に帰る第2巻のラストが印象的です。


(オオカミ やっと友達になれたよ)

#4扉カラー(『別冊 マーガレット』2010年6月号)

プレゼントに応募したかったのでカラーページの端を切り取りました。(お箸が当たりました)

#7扉カラー(9月号)



お薦め度:★★★★☆
いい話だけど、「いい話だった」で終わらない面白さが好きです。
この作品に出会えたのも別マを読み続けていたからこそで、やはり「雑誌で漫画を読む」ことには意味があるとオレは思います。あ、オレ今なんかイイコト言いましたね←言ってねえよ(笑)


にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 トラコミュ 漫画、マンガ、まんが、コミックへ
漫画、マンガ、まんが、コミック
にほんブログ村 トラコミュ 少女マンガへ
少女マンガ

【検索用】虎と狼 神尾葉子 2
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『イエスタデイをうたって』... | トップ | 『別冊ラブ★コン FANBOOK』 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。