アルバニトハルネ紀年図書館

アルバニトハルネ紀年図書館は、漫画を無限に所蔵できる夢の図書館です。司書のWrlzは切手収集が趣味です。

『虎と狼』第3巻/神尾葉子

2011-02-28 | 少女漫画
 
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ


いいか
鳥沢が作ったもんはうまいに決まってる プロだから
俺が作ったもんは味が足りないだろ?
それは
個性ってやつだ


ミーって可愛いなと思っていたけどこんなにいい子だったのか!という第3巻。
クラスにこんな子がいたら男子全員で奪い合いになって、彼氏になれたたった一人の幸せな奴は
「鳥沢ー、今日の弁当何?」「すげえっ オレ大好物だよ!」、そして夕飯はひまわり。
もう高校生活はバラ色だ!

そういう妄想は置いておいて、実際にはミーは仮病を使って学校を休んでしまい、トラはミーを怒らせてしまったとショックを受け、何も食べずに倒れてしまう。
そしてオオカミは、悔やんでばかりの二人に、何かが足りないのは「個性」だと言ってくれる。
「あたし今日初めて オオカミを尊敬した」

河田は店内で大暴れし、彼を引き取りにきたオオカミは生徒と一緒になって警察に怒られてくれる。
ミーも河田も、オオカミにむりやり林間学校に連れてこられ、ミーは子供のようなオオカミがいつの間にか生徒から慕われている姿を見て、おもしろくない。
「元々あったものが ひとつ欠ける」と、河田を気にかけるオオカミの言葉に、自分もそうなのかもしれないと思い始めるミー。

しかし山登りでの一件で、生徒の前では一度も激怒したことがなかったトラが、謹慎処分を受けてしまう。


#9扉カラー(別冊マーガレット平成22年11月号)



お薦め度:★★★★☆

親友のトラを「日本じゃ生きていきづらいだろうな」と案ずるオオカミの言葉。
実はオオカミは同じようなことをミーにも言っている。ただし、言い方が意地悪なので、ミーはまだほとんど気付いていない。
新キャラも登校するようになって、これからミーを好きな人はどんどん増えていくのかもれない。

「全員、何かが欠けている」。それを「個性」だと言い切ってくれるオオカミが素敵だ。
「エスパー魔美」(第2巻)、「クララが立った」などの小ネタも好きだ(笑)


にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
にほんブログ村 トラコミュ 漫画、マンガ、まんが、コミックへ
漫画、マンガ、まんが、コミック
にほんブログ村 トラコミュ 少女マンガへ
少女マンガ

【検索用】虎と狼 神尾葉子 3
『マンガ』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« This is a pen | トップ | 東京都を経営する »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
虎とオオカミ (arisa)
2011-02-28 23:55:00
3巻買いました。やっと読んでいない箇所保管です
オオカミもいいしトラも捨てがたい。
そしてミーのBLサイトも気になる。
これからも楽しみな一冊です
あとシスター買いました。来月も出るシスター
中原アヤ先生の新作『バカ桜』が掲載です
カラーもありという事なのでまだまだ期待されているんですよ。ファンとしてはうれしいかぎり

あっ脱線した

ちなみにあたしはオオカミがすきです
ごはんが美味しいヒロイン (Wrlz)
2011-03-01 20:26:48
>arisa様

吉野菜子(ナナコロビン)、鳥沢美以(虎と狼)、宇佐見一子(いっしょにねようよ)。この三人+倉田咲十子(ディアマイン)。
広瀬悠貴(お嫁にいけない!)は、男でした(笑)

来月の『別マsister』楽しみですね! 今月のはまだ買ってません。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。