アルバニトハルネ紀年図書館

アルバニトハルネ紀年図書館は、漫画を無限に所蔵できる夢の図書館です。司書のWrlzは切手収集が趣味です。

『Unな彼女』第2巻/楠桂

2010-06-10 | 青年漫画
 
にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ



出ました、第2巻。(入荷が発売予定日より少し遅れました)。作者の暴走ぶりが楽しいです。

女装した稔に惚れてしまった順一、二人をBLカップルとして公認してしまう腐女子の姉、みちる。稔の彼女であるはずの奈々子は姉を気に入り、このままでは同性愛カップルが2組できあがってしまう。
奈々子を取り戻そうと、みのりになる稔。「同性愛のどこがいけないのよ!!」と弟を殴りつける姉。しかしみちるが本当の同性愛を追求しようと奈々子に見せたのは、女同士ではなく秘蔵の男同士のDVD。
本物の女の姉貴より自分を選んでくれたと稔が喜んだのもつかの間、稔のJr.に危機が迫る。

女装を条件にどんなプレイにも応じてくれる奈々子。しかし股間にだけ壮絶な拒絶反応、うやむやの内に「切ってくれる」と「約束」したことになっており、下着の中にもベッドの中にも刃物が忍ばせてある恐怖の日々。
そしてもう一人の敵が現れる。奈々子の大学で王子と呼ばれる、真性のレズビアン、神崎林麗(かんざきばやしうらら)。女はみな仮性レズビアンだと言う王子の魔の手が奈々子に迫る。
デートの途中で奈々子が席を立ち、現れた麗、なんちゃってレズビアンだと正体がばれてしまう稔。部屋の合鍵はもらったが、このままでは捨てられてしまう…!
奈々子を騙して部屋に上がり込む麗、駆け付けた稔、殴るよりもひどいことをしてやると襲いかかるが、現場を見た奈々子は女装が終わっていない事のほうしか咎めてくれない!(笑)

順一が麗に味方すると言い出し、四者はそれぞれの思惑を胸に3P目指して血みどろ(?)の闘いと騙しあいを繰り広げる。神崎林さんのトラウマと、いつの間にかBL命のみちるに付いていけなくなった奈々子。「殺したい相手とのSEX」を味わいたい麗と、脳内でいつも3P状態なので違和感がない奈々子。みのりさんしか触らないと絶叫する順一が駆け付けた時は、まさかのキャットファイトの後だった。



お薦め度:★★★☆☆
このカップルが本当の愛を見付けるという展開はあるんですか?(笑)
巻末の『恋物語れ~狂う花~』も良かったです。




にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ
にほんブログ村
にほんブログ村 トラコミュ 漫画、マンガ、まんが、コミックへ
漫画、マンガ、まんが、コミック
にほんブログ村 トラコミュ 青年マンガへ
青年マンガ

【検索用】Unな彼女 楠桂 2
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『乙嫁語り』第1巻/森薫 | トップ | 『別冊 マーガレット』2010年... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ほほう・・ (笛巣田 真夜)
2010-06-12 17:44:58
男の娘ですか・・・ゴクリ。

男の娘つうか (Wrlz)
2010-06-12 20:16:14
>笛巣田 真夜様

異性装ですよお(笑)

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。