アルバニトハルネ紀年図書館

アルバニトハルネ紀年図書館は、漫画を無限に所蔵できる夢の図書館です。司書のWrlzは切手収集が趣味です。

「地図の切手」という自己主張

2011-12-26 | コレクション
 
にほんブログ村 コレクションブログへ


 先日、一週間前に見た『海外ネットワーク』という番組が面白かったと書いたけれど、24日に放映された続きも面白かった。前の週にエストニアにいた二村伸キャスターは、次の週ロシアに移動して現地からの生中継を交えていた。ソビエト崩壊から20年の特集の続きで、内容は、プーチン氏に対するロシア国民の不満が高まっているという物。
 20年前、まだ高校生だった私は、ソ連崩壊後の報道を、あまり内容が理解できずに眺めながら、「なんか急に国が増えちゃったなあ」などと戸惑った。それから十数年経ってから購入してきた、ソ連崩壊後に独立した国々の切手コレクションがある。
 主権が回復したり新たに独立した国というのは、「とりあえず自国の地図が描かれた切手を出すんだな!」という印象があるので、そういう感じの物を中心にスキャンしてみた。

 切手の#番号は、『ミッヘルカタログ』の物。

 これは旧ソ連の中で最初に独立を宣言したリトアニアが1990年に発行した切手(#457)。背景に地図が描かれている。(画像はクリックで拡大)


同じ図案を印面に使用した切手付き封筒も多く発行されている。上の封筒(リトアニア共和国の再設立)に添えられた「1990年3月11日」は、独立回復を宣言した日。


 以下は主に、オークションで落札した、ドイツ製のアルバムに整理されたコレクションをスキャン。
 アゼルバイジャン。最上段の切手(#77)に、国旗と同じ図案で塗りつぶされた地図が描かれている。額面は「マナト」(100ケピック=1マナト)。西南にある飛び地は、「ナヒチェヴァン自治共和国」。


これはアリエフ大統領と、前述のナヒチェヴァン自治共和国を描いた小型シート。一見して同じだが、"Naxcivan"が、上のシートでは"Haxcivan"と誤って綴られている。ラテン文字のNとキリル文字のНを混同したのかもしれない。綴りが誤っているほうが1993年9月12日発行で、正しい綴りの物が1994年6月3日発行。



 グルジア。国連加盟一周年を記念する小型シートと単片3種のセット。切手に描かれた地図内で、首都「トビリシ」の位置を示している。国名その他の表記は、英語とグルジア語の二か国語併記。



 アルメニア。地図の切手ではないけれど、一番下の衛星電話を描く切手(#186)はアルメニアの位置を示している。最上段の3枚ストリップに描かれているのはアララト山。#183は国旗。切手上の、ラテン文字でもキリル文字でもない、判読不能なほうの文字はアルメニア語。



 カザフスタン。下から二段目の、#18と#19切手は地図とナザルバエフ大統領を描く。



 ベラルーシ。上段左の切手に、地図と国旗が描かれ首都ミンスクの位置が示されている。



 モルドバ。シール式の航空切手(カード型)に、地図と国旗が描かれている。額面は「レウ」。(#139-144, #145-150)



 ウクライナ。上段の独立記念日の切手(#119)に、地図と国旗が描かれ、首都キエフの位置が示されている。この時点での通貨はカルボーヴァネツィだけれど、インフレが進んで額面は5000kb。



 キルギスタン。#12の独立および国連加盟2周年を記念する切手に地図が描かれ、首都「ビシュケク」の位置が示されている。#13切手には国旗と政府宮殿が描かれている。小型シートも額面が違うだけで同図案。額面は「ソム」(100トゥイン=1ソム)。



 ウズベキスタン。下段の小型シートに描かれた地図が、この国がシルクロードを結ぶ地に位置していることを表している。この小型シートは、中段のモスクを描く4枚とセットになっている。額面は「スム」(100ティイン=1スム)。



 タジキスタン。左下と右下の、#20の20ルーブルと#23の160ルーブル切手に地図と国旗が描かれている。



 トルクメニスタン。上段の10ルーブルの無目打小型シートに地図が描かれ、首都「アシガバート」の位置も示されている。



 これらは脇道。「沿ドニエストル共和国」と、


「アブハジア共和国」の地図を描いた切手。



 ところでこういう、「自国の領土や勢力圏」を描く地図の切手は、戦時中の日本でも発行されたことがある。第二次昭和切手の、「大東亜共栄圏」を描いた10銭切手は、そういう代物に近い。


フィリピンが描かれていたためにマッカーサーが激怒したという逸話がある。


にほんブログ村 コレクションブログへ
にほんブログ村 トラコミュ 切手収集へ
切手収集
ジャンル:
コレクション
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« モルドバ共和国の切手 | トップ | 『P.S.アイラブユー』/谷川史子 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (存在しないIDです)
2011-12-26 20:38:27
地理学専攻としては大変興味深いです。
さすがWrlzさんのブログはいつも勉強になりますね。
地図の切手 (Wrlz)
2011-12-27 11:30:26
>存在しないIDです 様

この人のブログも面白いですよ。

切手で読む地図の楽しみ
http://mapstampfan.at.webry.info/

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。