〈川俳会〉ブログ

俳句を愛する人、この指とまれ。
四季の変遷を俳句で楽しんでいます。「吟行」もしていますよ。

千三句集(255)

2013年12月31日 22時10分59秒 | 俳句
大晦日心にしこり二つ三つ
 富翁
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大晦日

2013年12月31日 16時30分11秒 | 俳句
行く年の思いをくくる句帳かな

先輩
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

年賀状の、お・わ・び

2013年12月31日 12時30分13秒 | 俳句
(昨日年賀状作成時にハタと気がつき、愕然とする

住所がね 分かりませんので 悪しからず
元旦に 頂いてそして 出しますので
安楽
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

千三句集(254)

2013年12月30日 21時45分09秒 | 俳句
年の暮れ蜘蛛の子散らす東京駅
 富翁
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

宇都宮線の車窓から

2013年12月30日 18時38分14秒 | 俳句
くっきりと夕日に富士のシルエット

久しぶり映画の帰り感動す

先輩
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

年末のチャンポン

2013年12月30日 13時10分17秒 | 俳句
(極寒の川崎・野川にて詠める)

この寒さ 熱々チャンポン たまらない
間違えて ちゃらんぽらんと 言いました
長崎に 行きたくなった それは嘘~
安楽
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

千三句集(253)

2013年12月29日 19時53分05秒 | 俳句
ジム・ホール行く年来る年行った人
 富翁
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

懐かしのガード下

2013年12月29日 11時37分31秒 | 短歌
升亀で宴会帰りにもう一杯
仕事の愚痴を言い合った夜

昼食もイカ天定が美味しくて
駅まで徒歩の二度歩き

先輩
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

寒い朝

2013年12月29日 07時27分57秒 | 俳句
三日月が笑って見える冬の空

先輩
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

千三句集(252)

2013年12月28日 20時55分14秒 | 俳句
燗の酒すぐいなくなる罪な人
 富翁
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

冬の庭

2013年12月28日 09時11分14秒 | 俳句
山茶花の薄赤き色冬の陽に

先輩
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

千三句集(251)

2013年12月27日 19時33分04秒 | 俳句
年用意一升瓶の頼もしき
 富翁
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

千三句集(250)

2013年12月26日 23時31分53秒 | 俳句
行く年に起重機動くせわしなく
 富翁
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

学生時代

2013年12月26日 08時24分52秒 | 川柳
もてる奴スキ―とギターできる奴

つねお
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

千三句集(249)

2013年12月25日 21時09分32秒 | 俳句
夕烏真っ暗闇へと飛び立ちぬ
 富翁
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加