〈川俳会〉ブログ

俳句を愛する人、この指とまれ。
四季の変遷を俳句で楽しんでいます。「吟行」もしていますよ。

さみだれ句集(3)

2017年05月11日 08時13分05秒 | 俳句
朝焼けや運河の果ての古倉庫
          富翁
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 灌木の種 | トップ | 初夏の陽気 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
うむむ、蕪村のようです (安楽)
2017-05-11 08:58:15
「古倉庫」がいいですね。

廃屋なのか現役なのか。うーむ。

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。