日々のデキゴト

見落としがちな日々の出来事、小さな感動や驚きを綴って行こうと思います。

映画「君の名は。」で新海誠の名を改めて刻む

2016-09-18 11:27:25 | 映画
映画レビューが好評だったので、映画「君の名は。」を、観てきました。
アニメ映画はいつ以来だろう?
年齢を重ねると共に、映画に心動かされることも少なくなってきて、映画を観に行っても、このブログでレビュー記事をかかないことが多くなっていました。
その自分が久々に記事にしておきたいなと思った作品です。

映画「君の名は。」公式サイト

映画のストーリーは公式サイトで見てください。
これまでもいろいろ題材にされてきた「入れ替わりもの」です。
だけど観ているこちらの想像を超えてきます。
映画の前半、物語はハイテンポに進んでいきます。
それに合わせて映像、音楽共に疾走感あふれて観るものを引き込んでいく。
中盤から後半部、重要な事実が判明し、一転して登場人物の心理描写が丁寧に描かれていきます。
この丁寧さを出すためにも、映画という限られた尺(上映時間)の中で、前半部のスピードが活きてきます。
そして終盤近くからは一気に畳みかけていく。
ストーリーの意外さ、展開の緩急、そして美しい映像と素晴らしい音楽のマリアージュ。
エンターテイメントとして素晴らしい作品に仕上がっていながら、ただ楽しいだけで終わらせない、新海誠監督の手腕に唸りました。

これまで新海誠監督といえば、どちらかといえば知る人ぞ知る。。的な印象を持っていました。
2007年の「秒速5センチメートル」以降、徐々に名前が知られてきたかと思いますが、まだメジャーに知られている人ではなかった。
今回の「君の名は。」で、一気にメジャーシーンに名が知れ渡るようになりそうです。

個人的にこの映画に心ひかれたの理由のひとつが、実際の風景を数多く使用していること。
新宿駅周辺や四谷界隈の景色は、私自身の会社のビルがあったり、以前仕事で工事に深く関わった施設もある場所で、どちらも映画の背景に映っていました。主人公の男の子:瀧が初めてバイト先の憧れの先輩とデートする時に行ったカフェは、自分もデートで行ったことがある国立新美術館の「サロン・ド・テ・ロンド」でした。
景色の一つ一つに感情移入できるって、嬉しいですね。

もっとも共感できるのは、主人公たちと同世代の10~20代の方々だと思いますが、40代の自分も十分楽しめました。
客席を見渡しても、子供からお年寄りまで年齢層を問わず、お勧めできる映画だと思います。
シルバーウィーク、全国的にお天気は微妙な感じですが、だからこそ映画館に足を運ばれてはいかがでしょう?

最後に、素敵なレビューを書かれていたブログをご紹介しておきます。
(ただし、ネタバレありなので、映画鑑賞後に読まれることをお勧めします。)

「君の名は。」観てきました|海藤るぱんのつれづれ備忘録

P.S.
「君の名は」と聞くと、なんとなくこちらの歌が浮かんで来る気もしますが(いや、自分の世代でも全くないのだけど、何故か知っている(笑))、今回の映画は全く別モノです。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« iPhone7に心揺れる | トップ | 映画「ハドソン川の奇跡」 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
MASHさんへ (ゆめ)
2016-09-18 20:22:45
この映画をお子さんと一緒に見たというネットのお友だちも、感激されていました。

私はあの歌のほうの「君の名は」の時代です〈笑〉

前記事で、仙台から戻られたとか。お疲れ様でした。

この新しいページ映画好きのMASHさんらしくステキです。

これからもよろしく♪
映画 (MASH)
2016-09-24 14:45:00
「君の名は」
やはりそうでしたか。
でもあの歌、なんで自分は知ってるんでしょうね(笑)

今年の夏はほとんど食指が動く映画がなかったんですが、秋から冬にかけていろいろありそうで楽しみです。
引っ越して、映画館がとほ10分もかからないところにあるので、気軽に観に行こうと思います。

こちらこそ、よろしくお願いします♪

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
君の名は。  監督/新海 誠 (西京極 紫の館)
【声の出演】  神木 隆之介(立花 瀧)  上白石 萌音(宮水 三葉)  長澤 まさみ(奥寺 ミキ)  市原 悦子 (宮水 一葉) 【ストーリー】 1,000年に1度の彗星来訪が、1か月後に迫......