ふわゆる~な感じ

タイトルと実際の僕は全然違うと思います。
ふわゆる~な感じにできたらなぁと、日々のことを綴ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

マイルス・デイビスのテレビ(メモ)

2011-09-27 23:47:15 | 音楽
おとといの日曜日、でかけようと思ってたら、NHKでマイルス・デイビスの番組が始まった。

マイルス・デイビスが切り開いた新しいジャズを4枚のアルバムとともに振り返り、マイルス・デイビスの生き方を描いたドキュメンタリー。
きっとキーになるアルバムだと思ったので、全部メモ。


『ラウンド・アバウト・ミッドナイト』
チャーリー・パーカーのバンドにいたらしいのだが、体が小さくてダイナミックな音が出せず、ビーバップを挫折。それで自分の体にあったジャズを表現したのが、この『ラウンド・アバウト・ミッドナイト』。ミュートを使った繊細なトランペット奏法をつかって、夜の都会の孤独な大人みたいなものを表現。
誰かのまねができなくて挫折して、自分を追及していくしかなかった行き方がかっこいいw あと体が小さいところも。


『カインド・オブ・ブルー』
モード・ジャズという新しいジャズを確立。
それまでの西洋の音階を使ったジャズではなく、様々な民族音楽がもつ独特の音階を使ったジャズ。
この『カインド・オブ・ブルー』には、最近好きになったジョン・コルトレーンやビル・エバンスも参加。みんなすごい人だったんだぁ。



『ビッチェズ・ブリュー』
60年代終わりの作品。ビートルズの出現、大きなロックフェスなど、新しいムーブメントを意識して、ジャズに大々的に電子楽器を取り入れた作品。



『ドゥーバップ』
90年代の作品・遺作(?)
当時出始めたラップとジャズの融合。とにかくマイルス・デイビスのトランペットがかっこいい。

菊池成孔によると、「マイルス・デイビスは新しいジャズを作ろうとして作ったのではなく、自分がしたいことを追及した結果、新しいジャズを切り開いていった」とのこと。そういう生き方、かっこいいとか思った。

今までマイルス・デイビスのCDは持ってないので、聴いてみたい。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Cuore / Jazzida Grande | トップ | コーチング(メモ) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。