でわはるなが

真実を追求するブログ

兼業主婦の浮気率は専業主婦より圧倒的に多い

2017-07-16 11:54:42 | 日記

ここ数年、「妻の浮気を知った、妻の浮気に感づいた」といった相談が、男性の相談者から多く寄せられています。

浮気は男の甲斐性という言葉があるように、これまでは浮気や不倫は男性がするものというイメージが強かったかもしれません。

 

女性に比べ外で働いている男性は家族以外の人間と深くかかわることから、男と女という密接な関係になるチャンスも多いはず。

それゆえに、浮気や不倫は男性がするものという印象があったのかも知れませんが、女性の社会進出と同時に女性の浮気や不倫も年々急増しています。

 

兼業主婦の浮気率は専業主婦より圧倒的に多いといわれている

 

「できることなら妻には家に居てもらいたい」と思う男性の背景には、上記のような心配をしたくないからというのも理由にあるでしょう。

 

■職場不倫:今も昔も圧倒的多数。最も多い形の不倫

毎日顔を合わせると、人は親近感を増すようになると心理学では言われている。
女性の社会進出が進んだこと、一時期は専業主婦であっても家計のためにはパートに出ざるをえなくなったことなどが、職場不倫を推し進めている。
 

■SNS不倫:昨今激増中で、元恋人との再会も過熱している

未知の人とネット上のコミュニティーなどで意気投合し、実際に会ってみて恋が生まれるケースと、独身時代の恋人や友達との再会から恋愛に至るケースに分かれる。
 
また、不倫サイトなどを利用するにしても働いている女性のほうが個人の時間をある程度は確保しやすい環境にあることから、不倫もしやすいといえるでしょう。
 
不審に思った配偶者がネットを検索、夫(妻)と頻繁にやりとりしていることから相手を特定したり、コメントをつけている相手に探りを入れて不倫がバレたりする。
 

■習い事不倫:子どもの習い事を通じて、親同士が交流を深めた結果……

自身の習い事でも起こりうることだが、最近、目立つのが子どもの習い事を通じて知り合う関係。
相手が子どもの親という場合もあるし、地域のサッカーや野球などのコーチ、あるいはスイミングスクールの先生、中には子どもの家庭教師というケースも。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 不倫相手のワースト1は社内... | トップ | 既婚者女性にとって不倫をす... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。