でわはるなが

真実を追求するブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

不貞行為相手方、不動のワースト1は社内不倫など職場関係者との不倫

2017-07-23 20:00:07 | 日記

女性の社会進出が進み、女性が職場で過ごす時間が多くなれば異性との接触機会が増えるのは自然なことでしょう。

 

浮気相手と出会った場所は?

 

女性が活躍する(働ける)社会を実現すると、実は同時に不倫天国が形成されることになるかもしれません!?

実は、不貞行為相手方、不動のワースト1は社内不倫など職場関係者との不倫です。

 

今年も、現段階で、全体の約70%が職場関係者です。

ほとんどの職場は男性の方が多いと思いますが、そこに女性が増えることによって、需要と供給のバランス?が整ってしまうのです!?

 

話は変わりますが、「女性は結婚するまでバージンで、不倫なんてとんでもない話」と言う古き良き?時代もありました。

大半の家庭が、男が仕事、女は子育てに専念していた時代です。

 

身体の構造等、自然界が与えた摂理からすると、恐らくこれが極々自然な役割分担なのでしょう!

 

社会的地位の高い女性は不倫する

ジョリス・ラマーズ教授率いる研究チームがネット上で行った匿名のアンケート調査では、1561人の男女から回答を得ることができました。
 
研究者たちが注目したのは回答者の社会的地位。アンケートに答えた男女の58パーセントがいわゆる一般社員で、22パーセントが中間管理職、14パーセントが管理職、残る6パーセントは役員クラスの役職に就いている人たちでした。
 
そしてアンケート結果から明らかになったのは、「性別に関係なく社会的地位が高い人ほど浮気や不倫をする傾向がある」ということだそうです。
 
ラマーズ教授によれば、「社会的地位の高い人ほど自分に自信があり、自信がある人ほど浮気や不倫をしている、もしくは過去にしたことがある、または願望があるという結果になりました。そしてこの結果に男女間での差は見られませんでした」とのこと。
 
「これまで、浮気をするのは一般的に男性のほうが多いと考えられてきましたが、これはただ単に社会的地位を獲得した女性の数が男性と比べると圧倒的に少なかったからというだけのことなのです」と教授は語っています。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 女性の社会進出と同時に女性... | トップ | 働く妻が浮気しやすい理由 »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。