イエスの父からの愛のメッセージ

真夜中に「書きなさい」の声で届けられたメッセージ。無宗教の者に届けられる、愛とはなにか、を多方面から知ることが出来ます。

167.私は・・・皆さまの称する、創造主であり、神と、時には言われる存在ですが、あなたと別の所、次元、世界に住む・・・特別の存在ではありません

2016-09-19 14:26:04 | 自己啓発

 

こんにちは。今日もようこそお出でくださいました。ありがとうございます。

今回はこのメッセージの出所、メッセージを語る意識がご自身について語る内容であります。

大変、難しい内容ではありますが、どうぞ、ごゆっくり先入観から自由になられてお読みいただけますよう願っております。

今回もありがとうございました。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

それでは、今日もお伝えしましょう。

今日のトピックは私の・・・私のすべてについて、出来るところまでお伝えいたしましょう。

 

私は・・・皆さまの称する、創造主であり、神と、時には言われる存在です・・・

ではありますが、

私は・・・あなたと別の所、次元、世界に住む・・・特別の存在ではありません。

 

私はあなたの中にもいます。

 

隣の人の中にもおります。

 

私はどなたの中にも・・・存在する、実は・・・ごく・・・ありふれた・・・

どこにでも居る・・・

意識であり・・・

力であり・・・

あなたそのものでもあります。

 

「わからな~い・・・」とおっしゃるのも無理はありませんが・・・実はとてもシンプルでとても分かり易いことなのです。

一旦、これまでの神のコンセプトを横に置き、とりあえず、真っ白なお気持ちで私の申す説明をお聞きしてください。

 

実は・・・

神は・・・・どこにでも居る普通のもの、意識、存在・・・

感じられるものなので・・・どこかの遠い上の方に鎮座する・・・

立像や座像や何か・・・拝む対象のようなものでもありません。

 

私はあなただからです。

私はすべての存在の中で・・・手をつなぎ、肩を並べ・・・そしてご一緒に歩む存在です。

 

 

そうです。

ご一緒に一歩一歩・・・高みに向かって歩んでいる存在でもあります。

 

私はあなたと共に手をつなぎ、

肩を並べ、

手を取り合って喜んだり、

泣いたり、

わめいたりする存在でもあります。

 

私の中には泣き笑い、憎しみ・・・そして怒りも・・・かつてはありました・・・が、

それらのものは今は一切存在すらしませんし・・・

思ってもみないものであります。

 

つまり、こういった・・・意識はないけれど・・・他のあなたの中にある・・・迷いやためらい等は、かつての私がやはり抱いた特質ではありました。

 

しかし、私は幸いなことに・・・いつしか克服し、今は・・・とてもとても前向きな、愛に溢れた心となってきています。

 

それが、徐々に高みに昇り、いつしか、神の特質と言われるものの・・・愛、思いやり・・・そして・・・理解力というようなものに取って替わられました。

 

今は、そして純粋な愛・・・のみのものとなりました。

そうです、私もかつては・・・人の恨みやへつらい・・・憎しみ、怒りなどの感情も経て・・・

昇華され、今に至ったのを知っていただきたく・・・お願いして記していただいております。

 

従って、あなた様にも・・・

そして、お隣様にも、

私は・・・すべての人の中に存在する共通、共有の、皆をつなぐ愛となったのです。

 

おわかりでしょうか。

わたしは・・・すべてをつなぎ・・・すべてを愛する・・・存在であるのです。

 

そうです。

私はあなたの中にも確実の在るのです。

そして、私は・・・あなたを愛し・・・

隣人を愛し・・・

そしてすべてを愛するようになり、

今では、すべての・・・そうです、すべての存在をこよなく愛するようになったのです。

 

あなたも・・・神の一部です。

信じましょう。

そして願いましょう。いつかは私のようになる日が来るのを。

 

それでは、次に参りましょう。

あなたが神であるなら、すべてが可能ではないか・・・でも実際はそうではないことについて・・・ご説明しましょう。

 

あなたは、いわばゲームをやっている最中でもあります。

ゲームは進行中です。

すべての人が参加し・・・楽しみ、そこから学んでおられます。

そして、いつか、そのゲームを終わり・・・私の所に戻って来られるでしょう。

 

その時は・・・私と同じ・・・すべてを愛する者になっておられるでしょう。

 

それを私は待っています。

とても楽しみに・・・愛を込めて・・・声援を送り・・・サポートをいたします。

 

安心して進みなさい。

安心して・・・お行きなさい。

私がついています。

 

私の言葉を信じなさい。

いつか・・・それが正しかったのを知るでしょう。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 166.病の苦しみは傷むための... | トップ | 168.愛とは地上のものだけで... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。