worldNote
世界の覚書

道州制、易姓革命、外国人参政権には反対です。伝王仁墓に百済門を作るのは場違いであり、反対です。
 



2006年10月13日午前1時40分頃、北九州市門司区の東約8kmの周防灘で、操業中の底引き網漁船「第3国秀丸」4.92トン(福岡県行橋市稲童漁協所属)が「貨物船と衝突し、乗組員が行方不明」になったと、操業中の別の漁船から門司海上保安部に連絡があった。船長の寺岡具秀(ともひで)さん(61歳)は海に投げ出され、約50分後に同僚に救出されて病院に運ばれたが、午前4時過ぎ、死亡が確認された。衝突した貨物船はそのまま逃走していたが、門司海上保安部が付近を航行中の船舶を調べたところ、船首部に第3国秀丸のものと似た塗料が付着した貨物船を発見。この貨物船が衝突した可能性があるとして、韓国籍の貨物船の船長から事情を聞き、業務上過失致死などの疑いで調べている。

#上の記述は、5つのニュースソースを総合して作成した。ちなみに、テレビ局2つのニュースは衝突した貨物船が「韓国籍」と明記されていたが、朝日では「外国船」、読売や共同は国籍への言及が無かった。なお船籍などの詳しい情報は無い。少なくとも船長は韓国籍と考えていいだろう。朝日新聞の「当て逃げか」という表現は、至極妥当である。

日本テレビ(10/13 14:44)北九州市沖 漁船が衝突され転覆、船長死亡
RKB毎日放送ニュース(10/13 19:37)北九州市沖で漁船転覆
朝日新聞(10/13 12:42)周防灘で漁船転覆、船長死亡 当て逃げか
読売新聞(10/13 12:39)貨物船と衝突?漁船転覆、船長死亡…周防灘
日経新聞〔共同〕(10/13 13:00)貨物船と衝突か、漁船船長死亡・門司沖の周防灘

#なるほど、Web上の産経、毎日、東京ではニュースを発見できなかった。

既に忘れられようとしているが、ロシアが日本の漁船員を1名殺害した事件と、そう変わらない重大ニュースではないのか。ちなみに8kmは、当然領海内だ(領海は12海里=約22.2km)。

門司海上保安部のサイトは、↓この文が載ったまま止まっている。
船舶衝突事故
13日01:40頃、周防灘(北九州市門司区柄杓田の東方約8Km)において漁船と付近航行中の船舶との衝突がありました。
現在、巡視艇により衝突相手船の調査確認に当たっています。
関連:
この国は少し変だ!よーめんのブログ:同胞が一人殺されました!またも韓国船衝突か?!
★厳選!韓国情報★:またも韓国籍の船による当て逃げ事件が発生か 小型漁船の船長死亡

[人気blogランキングに投票]

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 中国と韓国の... 英政府、大学... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。