worldNote
世界の覚書

道州制、易姓革命、外国人参政権には反対です。伝王仁墓に百済門を作るのは場違いであり、反対です。
 



民主党の地球温暖化対策税は炭素含有量1トン当たり3000円程度を考えているらしい。そこでとりあえず計算してみる。

ガソリンは1リットル当たり640gが炭素だとする(1Lは750g、12/14が炭素)。
640gの「炭素税」は1.92円、つまり約2円である。

暫定税率は廃止するそうなので、リッター当たり約25円くらい値下げになる。炭素税なんて、どうって事はない値下げである。

この心配が杞憂でない事は既に指摘されている。

朝日:民主公約の高速無料化→CO2急増 シンクタンク試算
(CO2)の排出量が年980万トン増えるとの試算をシンクタンクがまとめた。一般家庭の年間排出量に換算すると約180万世帯分に相当。麻生政権が導入した休日の高速道路「千円乗り放題」で増加が見込まれる年245万トンと比べても4倍となる。(中略)高速無料化と暫定税率廃止が実施された場合、自動車の輸送量が21%増えるのに対し、鉄道は36%減、バスは43%減、航空機は11%減と公共交通機関は軒並み減るという結果が出た。
民主党のマニフェストは、何をどうしたいのか?

投票ボタン

コメント ( 1 ) | Trackback ( 1 )



« 高速道路無料... 国旗を切り刻... »
 
コメント
 
 
 
社会主義政党の矛盾政策 (民主党は日教組と在日の政党)
2009-08-22 10:41:51
民主党は地球温暖化対策税の導入を検討している。
毎年3兆円の税金を投入する高速道路の無料化をやめて、従来どおり受益者負担とすれば、地球温暖化対策税は要らないのではないか。
ガソリン税を上げれば、税収増と温暖化対策の一石二鳥である。
無料化によって自家用車の利用が増えるから、排ガスの増加によって地球温暖化を加速させる。
また、渋滞を起こすから商業車は遅れて時間の無駄等となり、マイナスの経済効果をもたらす。高速の無料化を止めることが地球温暖化対策であり、税金の無駄遣いをやめる道である。
 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
高速道路無料化へのプロセス (生粋の気が向いたら書く日記)
へー、12年から無料化ねー。ふーん・・・・。 高速道路、12年にも国有化 民主が無料化工程表 http://www.excite.co.jp/News/politics/20090814/Kyodo_OT_CO2009081301000942.html > 民主党は衆院選で政権を獲得した場合に、マニフェスト(政権公約)に掲げた「高速道路...